ブレイン・ゲーム

ぶれいんげーむ SOLACE
上映日
2018年10月6日

製作国
アメリカ

上映時間
101分

ジャンル
サスペンス・ミステリー ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    篠儀直子

    日常の延長みたいな舞台設定で、能力者が自分よりもはるかに強力な能力者と出会い、人知れず戦いを繰り広げるという話が大好物なので面白く観た。安楽死のテーマにある程度切りこめているのもよい。謎めいた美しい映像が次々挿入されるのが魅力であり、観客を最後まで引っぱることに寄与するが、こんなに乱発せずに、ここぞというところに取っておいたほうがよかった気も。ホプキンスの演技はさすがだけれど、「羊たちの沈黙」のころの彼だったら、年齢的にもっとぴったりだったのに。

  • 映画評論家

    内藤誠

    アナリスト兼医者の主人公が予知能力のすべてをつくして、連続猟奇殺人事件に挑む知的なサイコスリラーで、「羊たちの沈黙」以来、ハンニバル・レクター博士を演じたアンソニー・ホプキンスにはぴったりの役柄だ。犯人像が複雑なアメリカではFBIにサイコキネシスを利用した捜査もあっていいように脚本は書かれていて、細かい映像モンタージュによりホプキンスの未来予知能力を表現。相対するコリン・ファレルも熱演で、無気味な人間像が一気に語られるのだが、登場が遅すぎる。

  • 映画評論家

    平田裕介

    画面に提示される状況がA・ホプキンスの脳裏に浮かんだ予知なのか、現実に起きていることなのか惑わされてハラハラする瞬間もあるが、随所に挟み込まれるその他の予知イメージが〝しょぼいターセム〟といった感じのものが目立ってなんだか萎えてしまうことが多い。といいつつもホプキンスとC・ファレルが放つ圧はさすがだし、それにつられて最後まで見入ってはしまう。とにもかくにも2018年に観るには時代錯誤に感じられてしまう、90年代サイコ・サスペンス風味の作品だ。

「ブレイン・ゲーム」のストーリー

連続殺人事件の捜査に行き詰まったFBI捜査官(ジェフリー・ディーン・モーガン)とその若き相棒(アビー・コーニッシュ)は、引退した元同僚のアナリストで医師のジョン・クランシー博士(アンソニー・ホプキンス)に助けを求める。博士は娘の死をきっかけに世間から閉じこもり、隠遁生活を送っていたが、この事件には特別な感情を抱き、捜査に協力する。しかし、並外れた予知能力を持つ博士は、この事件の容疑者(コリン・ファレル)が、自身以上の能力を持っていることに気づく。

「ブレイン・ゲーム」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ブレイン・ゲーム」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2015
公開年月日 2018年10月6日
上映時間 101分
配給 ポニーキャニオン
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 5.1ch
公式サイト http://braingame.jp/
コピーライト (C) 2014 SUPERSENSORY, LLC

「ブレイン・ゲーム」のみんなのレビュー

「ブレイン・ゲーム」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません