エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)

えべれすとかみがみのいただき
上映日
2016年3月12日

製作国
日本

上映時間
122分

ジャンル
文芸 ドラマ

ここが見どころ

夢枕獏のベストセラー小説『神々の山嶺』を「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」の平山秀幸が映画化。世界最高峰エヴェレスト登頂を巡って3人の男女が織り成すドラマ。エヴェレストの標高5200m級で撮影された映像が見もの。出演は「図書館戦争 THE LAST MISSION」の岡田准一、「ふしぎな岬の物語」の阿部寛、「起終点駅 ターミナル」の尾野真千子。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    上野昴志

    見所は、まず、タイトルが示している通りのエヴェレストの山嶺の壮麗さと、雪のなかで、目を開いたまま凍り付いている阿部寛の顔である。ローマ人に扮しても違和感のなかった阿部寛は、ここで、ネパールに住み着いた天才クライマーを演じているが、その大柄の体躯と髭面が目立つぐらいで、自然に溶け込んでいる。そんな彼を追って、エヴェレスト山中に入るのは、山岳カメラマンの岡田准一だが、ここで気になるのは、撮ることに固執していた彼が、途中でカメラを捨てたことだ。何故なのか?

  • 映画評論家

    千浦僚

    ちゃんと出来てない映画ではないか。短軀でマッチョという岡田准一にはトム・クルーズに対するのと似た好感を抱いている。ほとんど巨人族にしか見えない阿部寛と彼が並ぶ画が良く、クライマックスで阿部ちゃんが岡田くんの生命を救うべく彼を背負ったときに何ら不自然さがなかった(リュックぐらいに見えた)のには唸った。しかし、あの改心というか善性の発見みたいなもののためにはもっと前半で岡田氏を悪人として描くべきだ。あとタイアップのモンベルのロゴ見せが露骨すぎる。

  • 映画評論家

    八幡薫

    岡田准一と阿部寛。二人の男の顔力そして眼力、その息詰まる戦いに気圧される。友情、という言葉では片付けられない、頂上に魅入られる男と男の生命を懸けた挑み。死を含め、さまざまな不安や恐怖、揺らぎを抱える人間という弱き存在が、圧倒的な自然の脅威に立ち向かう時、唯一武器となるのは、「気」の力なのだと思い知った。劇中、尾野真千子演じる涼子が口にする、「なぜ、そこまでして山に登らねばならないのか」という疑問の答えが、鑑賞中、初めてうっすら見えたような気がした。

「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」のストーリー

カトマンドゥを訪れた山岳カメラマンの深町誠(岡田准一)は、エヴェレスト史上最大の謎を解く可能性を秘めた古いカメラを発見する。失われたフィルムを追ううちに辿り着いたのは、孤高の天才クライマー、羽生丈二(阿部寛)の存在だった。「山をやらないなら死んだも同じだ」と語り、他人を寄せ付けない人生を送ってきた羽生が取り憑かれた史上初の挑戦とは何なのか?その目的に興味を持ち、羽生の過去を調べるうち、深町はその凄絶な生き様に飲み込まれてゆく。そして、羽生に人生を翻弄されながらも愛し続ける女性・岸涼子(尾野真千子)とも出会う。標高8848m、氷点下50℃。呼吸すら困難な極限の世界。垂直の壁が待ち受けるその場所で、これまで誰も成し得なかった過酷な登攀に単身挑む羽生。その挑戦を見届けようと後を追う深町。男たちは自然の脅威の前に命を晒しながらも、人間の限界を超えてただひたすら世界最高峰の頂を目指す。彼らは生きて帰る事が出来るのか?その先には果たして、何があるのか……?

「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」のスペック

基本情報
ジャンル 文芸 ドラマ
製作国 日本
製作年 2016
公開年月日 2016年3月12日
上映時間 122分
製作会社 「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会(KADOKAWA=TBS=アスミック・エース=電通=WOWOW=東宝=KDDI=ジェイ・ストーム=MBS=CBCテレビ=集英社=RKB=茂田オフィス=HBC)(制作プロダクション:KADOKAWA=角川大映スタジオ)
配給 東宝 アスミック・エース
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
公式サイト http://everest-movie.jp/
コピーライト (C)2016 映画「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」のみんなのレビュー

「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/11

加山雄三(1937)

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。

茅ヶ崎物語 MY LITTLE HOMETOWN

茅ヶ崎出身のミュージシャン、桑田佳祐を核に“芸能の地、茅ヶ崎”の秘密を探る音楽探訪記。サザンオールスターズの名付け親である宮治淳一が、人類学者の中沢新一、本作の監督を務めた「人狼ゲーム」の熊坂出と共に茅ヶ崎と芸能との関係性を多角的に分析する。高校生時代の宮治の記憶をもとに撮影されたドラマパートでは、宮治の学生時代を「3月のライオン」の神木隆之介が、桑田の学生時代を「サクラダリセット」の野村周平が演じる。そのほか「森山中教習所」の賀来賢人、「銀魂」の安田顕、そして桑田佳祐自身も出演。2017年6月25日、第6回茅ヶ崎映画祭にてワールドプレミア上映。2017年7月21~23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズほかで特別劇場公開。
武田鉄矢(1949)

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

いのちスケッチ

福岡県の動物園を舞台にしたヒューマンドラマ。東京で漫画家になる夢を諦めて故郷の福岡県に帰ってきた亮太は、動物福祉に取り組む地元の動物園のアルバイトを紹介され、獣医師の彩と出会う。彩は園の取り組みを広めるため、亮太に漫画を描いてほしいと頼む。出演は、「今日も嫌がらせ弁当」の佐藤寛太、「猫忍」の藤本泉、「岬の兄妹」の芹沢興人、「よこがお」の須藤蓮、「ガチ星」の林田麻里。監督は、「恋のしずく」の瀬木直貴。