ウィンター・ローズ

うぃんたーろーず
上映日
1983年12月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

母親の死をきっかけに生じた父親と子供の心の断絶を描くドラマ。提供はプロデューサーズ・セールス・オーガニジェーション(PSO)。製作はタラク・ベン・アマー、エグゼクュティヴ・プロデューサーはキース・バリッシュとクレイグ・バウムガーテン。監督は.「忍冬の花のように」(80)のジェリー・シャッツバーグ。フローレンス・モンゴメリトの小説Misunderstoodとその第一回映画化作品「天使の詩」(66)に基づいて、ジェリー・シャッツバーグとマーシャ・ノーマンが脚色した。撮影はパスカリーノ・デ・サンティス、音楽はマイケル・ホッペが担当。出演はジーン・ハックマン、ヘンリー・卜ーマス、ハックルベリー・フォックス、スーザン・アンスバック、この映画の撮影後にシャッツバーグと結婚したモーリーン・カーウィン、リップ・トーンなど。チュニジアにてロケ撮影された。アメリカでの題名はMisunderstood。

「ウィンター・ローズ」のストーリー

チュニジアで貿易会社を営むアメリカ人のネッド(ジーン・ハックマン)は、妻リリイ(スーザン・アンスパック)が急死したことで深い悲しみに沈む。これまで2人の息子には、母は病気療養中だと偽っていたが、葬式から帰宅すると、彼は長男のアンドリュー(ヘンリー・卜ーマス)にだけ母の死を告げる。アンドリューはそれほど取り乱したりはしなかった。ネッドは身体の弱い次男マイルズ(ハックルベリー・フォックス)のことを心配し、弟には黙っているようにと口止めする。淋しさをまぎらわすため、アンドリューは浜辺を散歩し、アラブ人が葬式をしているのを見て近づく。母のことを思って涙する彼に、喪主のアラブ人は「父親は90歳だった。泣くことはないよ。今頃は天国で楽しくやっているよ」といい、自宅に招いてご馳走してくれた。家へもどると、アンドリューが弟の世話をせず遊び廻っていると、怒る父の叱責にあう。父に甘えたいアンドリューだったが、忙しいネッドはかまってやる暇がなかった。こうして父と子の心の溝はしだいに広がっていく。何も知らぬマイルズは「母さんはいつ帰ってくるの?」と無邪気に尋ねる。返事に困るネッドとマイルズ。リリイの兄ウィル(リップ・トーン)は正直に話したらとネッドに言う。父の誕生日にアンドリューとマイルズは、自転車で町に出かけていった。お小遣いをはたいて贈り物を買おうというのだ。だが、マイルズがラクダに乗った少女に惹かれて行方不明になったりしたので、帰宅が遅くなった。父は身体の弱いマイルズを連れ出すなんてと怒る。「駄目だというのに、マイルズがついてきたんだ」とアンドリューが説明しても、聞こうとはしなかった。ウィルの忠告で、ネッドはアンドリューと一緒の時間を作ることにし、砂漠の石油井戸に仕事で出張する時にアンドリューをつれて行くと約束した。嬉しくなったアンドリューは朝早くから自動車を洗い始める。マイルズがつきまとい、自分はつれていってもらえぬと知り、わざと水道の水を浴びる。この騒ぎにネッドが出てきて怒った。午後、ネッドはアンドリューの下校を待たずに秘書のケート(モーリン・カーウィン)と砂漠に行ってしまつた゜その後、砂漠から戻って来たネッドに、アンドリューは「ぼくは寄宿学校に行った方がいいんじゃない」と言い出すのだった。仕事中のネッドのところへ、ケートがとんできた。アンドリューが崖から落ちて背中を打って重傷を負ったというのだ。ソファーに横たわるアンドリュー。父親に向かって、「ぼく、お母さんのところに行くんだ」という。作文をしあげなかったのが気がかりだとアンドリューがいうので、ネッドは一緒に書きあげようとノートを手にする。題は親友と友情。「ぼくの親友は、お父さんです」という書き出しであった。それを声を出して読みつつ、息子の真心に気づき涙ぐむネッド。しだいに画面は暗くなっていく。

「ウィンター・ローズ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ウィンター・ローズ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1983
公開年月日 1983年12月10日
製作会社 アクセント・フィルムズ/キース・パリッシュ・プロ作品
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ウィンター・ローズ」のみんなのレビュー

「ウィンター・ローズ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。