サイボーグ009VSデビルマン

さいぼーぐぜろぜろないんばーさすでびるまん
上映日
2015年10月17日

製作国
日本

上映時間
85分

ジャンル
アクション

ここが見どころ

石ノ森章太郎の『サイボーグ009』と永井豪の『デビルマン』が一堂に会したOVA。世界を守る9人のサイボーグ戦士たちと悪魔人間となりながらデーモンと戦うデビルマンという人気ヒーローが、陰謀が隠れる凶悪事件をめぐり激突する。監督はテレビアニメ『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』を手がけた川越淳。サイボーグ戦士たちのリーダー的な存在・島村ジョーの声を『中二病でも恋がしたい!』の福山潤が、人間の心と悪魔の力を併せ持つデビルマンこと不動明の声を『生徒会役員共』の浅沼晋太郎が担当する。アニメーション制作はビーメディアと『ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!』のアクタス。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    上野昴志

    本作の目的は、『サイボーグ009』と『デビルマン』、それぞれのブルーレイ発売のためなんだよね?手の込んだ宣材というか。そういうものに、レビューの必要があるのかね。どのみち、原作やアニメのファンだったら、誰がなんと言おうが、見に行くだろうし。まあ、一話が短いのは、半身で見ている者としては助かるし、予備知識はなくとも、それぞれのキャラの立ち位置がわかるのは、作り手の腕なんだろうな。ただ、さまざまなバトルでの勝敗のつけ方に、もう一工夫欲しい気がする。

  • 映画評論家

    千浦僚

    マーベル漫画映画で科学の粋たるアイアンマンと神話の存在であるソーがガチ対決すると奇妙な感覚になる。それと似た異世界遭遇感が本作にはある。面白くなくはない。しかし僕個人は原作に刺されているため、幼馴染を惨殺され人類に絶望し世界を破壊するデビルマンのほうがサイボーグより圧倒的にディープだと刷り込まれている。ゆえに、世界観のスケールダウン、と感じてしまった。現代の電子機器やネットとサイボーグ、特に003の親和は発見でありそこにリブートの可能性があった。

  • 映画評論家

    八幡薫

    世代的にど真ん中(特に『デビルマン』)ゆえ、昭和を代表する両作のコラボの一報に心躍った。短いエピソード全3話で構成されるため、OPとEDも計3回ずつ流れるのだが、どちらも期待を裏切らぬカッコよさ。痺れる。永井豪氏が、「水と油」と語っていた両者のキャラクターが一つの作品として違和感なく融合され、さらに昭和から見た未来、現代から見た過去と未来が一つの世界に収斂されてゆく不思議を堪能できる作品に。〝人間の弱さこそ人間の強さ〟というテーマが時を経て「今」、響いた。

「サイボーグ009VSデビルマン」のストーリー

世界中で暴動や殺人といった凶悪な事件が勃発。悪の組織『ブラック・ゴースト』によりサイボーグに改造されたゼロゼロナンバーサイボーグのうちESP能力を持つ001=イワン(声:白石晴香)が悪魔の出現を察知し、彼らは調査を開始する。一方、悪魔と融合したデビルマンこと不動明(声:浅沼晋太郎)はデーモン族のジンメン(声:大塚芳忠)を倒し、各地で起こる凶悪事件を追っていた。003=フランソワーズ(声:M・A・O)の掴んだ手がかりから009=島村ジョー(声:福山潤)が郊外の町へ赴くと、デーモンと戦うデビルマンと遭遇。事件の背後にブラック・ゴーストの刺客やデーモン族の影がちらつく中、人知れず世界を守り続けてきたジョーとデビルマンが激突してしまう。

「サイボーグ009VSデビルマン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「サイボーグ009VSデビルマン」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 日本
製作年 2015
公開年月日 2015年10月17日
上映時間 85分
製作会社 「サイボーグ009VSデビルマン」製作委員会
配給 ティ・ジョイ
レイティング 一般映画
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://009vsdevilman.com/
コピーライト (C)2015「サイボーグ009VSデビルマン」製作委員会

「サイボーグ009VSデビルマン」のみんなのレビュー

「サイボーグ009VSデビルマン」のレビューを書く