• TOP
  • ウィーンに燃えて

ウィーンに燃えて

うぃーんにもえて
製作国
アメリカ 西ドイツ

ジャンル
文芸

ここが見どころ

ステファン・シュヴァイクの短篇を基に、大人の世界を垣間見ることによって傷つきつつも成長してゆく少年の姿を描く文芸ドラマ。製作はノーマ・ヘイマンとエベルハルト・ユンケルスドルフ、監督・脚本はジェーン・バーキンの兄でこれが長篇第1作のアンドリュー・バーキン、撮影はアーネスト・デイ、音楽はハンス・ジマーが担当。出演はフェイ・ダナウェイ、クラウス・マリア・ブランダウアーほか。
ステファン・シュヴァイクの短篇を基に、大人の世界を垣間見ることによって傷つきつつも成長してゆく少年の姿を描く文芸ドラマ。製作はノーマ・ヘイマンとエベルハルト・ユンケルスドルフ、監督・脚本はジェーン・バーキンの兄でこれが長篇第1作のアンドリュー・バーキン、撮影はアーネスト・デイ、音楽はハンス・ジマーが担当。出演はフェイ・ダナウェイ、クラウス・マリア・ブランダウアーほか。

「ウィーンに燃えて」のストーリー

第1次大戦後間もない1919年の冬のこと。ウィーン駐在アメリカ大使夫人ソニア(フェイ・ダナウェイ)は息子エドモント(デイヴィッド・エバーツ)の喘息の治療のために訪れた山里の療養場で、ハウエンシュタイン男爵(クラウス・マリア・ブランダウアー)と出逢い、2人の間には知らず知らずの内に愛情が芽生えていった。一方、純真なエドモンドは男爵との間の男同士の友情を信じて疑わなかったが、ついに男爵が自分を母と会うための口実に利用してるに過ぎないことに気づくや、狡猾な大人たちの反発を抑え切れぬまま、ひとりウィーン行きの汽車に飛び乗るのだった。

「ウィーンに燃えて」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ウィーンに燃えて」のスペック

基本情報
ジャンル 文芸
製作国 アメリカ 西ドイツ
製作年 1988
製作会社 NFH/西独*CLGフィルム作品
配給 ベストロン映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ウィーンに燃えて」のみんなのレビュー

「ウィーンに燃えて」のレビューを書く