先生と迷い猫

せんせいとまよいねこ
上映日
2015年10月10日

製作国
日本

上映時間
107分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

木附千晶が執筆したノンフィクション『迷子のミーちゃん~地域猫と商店街再生のものがたり~』を原案に、行方不明になった地域猫の捜索を通じて、定年退職した元校長先生と地元の人々の交流を描いたドラマ。イッセー尾形にとって「太陽」以来9年ぶりの主演作公開となる。監督は「神様のカルテ」シリーズの深川栄洋。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    上島春彦

    イッセー氏が引退した校長先生で「いかにも」な感じ。電話の声しか聞こえないが教え子らしい書籍編集者とか実に気分悪いヤツで、先生を巡る環境は本来最悪なわけだが、亡き妻の可愛がっていた半ノラがいなくなり、地域住民と関わりを持つことで危機を脱する、という構図。ネタバレなので書けませんが色紙の熟語四文字の件がバカに可笑しい。地域ネコ問題に関してはこのようにコミュニティで保護する動きが盛んになってきて、あるべき理想像を提示。先生を叱る嶋田久作が効いている。

  • 映画評論家

    北川れい子

    企画に困ったら猫ものがあるさ。ということでもないのだろうが、タイトルやストーリーに猫が加わっただけで、それなりにドラマがふくらむようで、本作もそれに近い。行方不明となった地域猫を巡るヒューマン・コメディーで、地域猫とは積極的に自分で飼う気はないが、各人が勝手な名前を付けて時々エサを与えている馴染みの野良猫のこと。主人公である元校長の独居老人=イッセー尾形自身が、気難しく誰にも懐かない猫型人間ふうなのがミソか。伊豆・河津のロケが効果的。

  • 映画評論家

    モルモット吉田

    主役を演じる時のイッセー尾形には要注意だ。よほど戦略を練った演出で当たらないと他の役者とアンサンブルが取れない。作りこまれた〈老人役〉を監督がどう生かし、壊すかに映画の成否が決まる。結果としてイッセーのリズムに終始引きずられた印象。猫を可愛く撮れば事足りると思っているような映画と違い、主人公と猫の無愛想な関係や舞台となる町が味わい深いだけに惜しい。同じ迷い猫探しの「まあだだよ」で松村達雄のセリフ回しのクセを監督が抜いてから撮っていたことを思う。

みんなのレビュー

「先生と迷い猫」のストーリー

妻に先立たれて独り暮らしを送る森衣恭一(イッセー尾形)は、学校を定年退職した元校長先生。そのカタブツで偏屈な人柄のため、近所では浮いた存在だ。訪ねてくるのは、亡き妻が餌を与えて可愛がっていた三毛猫のミイくらい。猫が嫌いな校長先生は、なんとか追い払おうとするが、ミイはどんなに追っ払っても毎日やってきて、妻の仏壇の前に座り続けていた。ところがある日突然、その姿が見えなくなる。そうなるとなぜか心配になり、探し始めたところ、自分の他にもミイを探している人たちがいたことが判明。みんな、ミイに餌をやって語りかけることで、どこか救われていた人たちだった。彼らと関わってゆくうちに、頑なだった先生の心も変わってゆく……。ミイの存在が思い出させる妻のこと。忘れてしまわねばならないと思っていたこと。失くしてからでは伝えられないこと……。やがて、必死でミイを探していた校長先生に、小さな奇跡が起きる……。

「先生と迷い猫」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「先生と迷い猫」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2015
公開年月日 2015年10月10日
上映時間 107分
製作会社 「先生と迷い猫」製作委員会
配給 クロックワークス
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 5.1ch
公式サイト http://www.sensei-neko.com/
コピーライト (C)2015「先生と迷い猫」製作委員会

「先生と迷い猫」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません