印度の放浪児

いんどのほうろうじ
上映日
1952年4月22日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

『ジャングル・ブック』のルドヤード・キプリングの長編小説を映画化した、テクニカラー1951年作品。製作は「パーキントン夫人」のレオン・ゴードン、監督は「大地は怒る」のヴィクター・サヴィルである。脚色は製作者のゴードン、「キング・ソロモン」のヘレン・ドイッチェ、リチャード・スカイヤーの3人の共同。撮影は「北西への道」のウィリアム・V・スコール、音楽は「暴力行為」のアンドレ・プレヴィンの担当。主演は「戦場を駈ける男」のエロール・フリンと「緑色の髪の少年」のディーン・ストックウェルで、ポール・ルーカス「女の顔」、ロバート・ダグラス「摩天楼」、トーマス・ゴメス「星は輝く」、セシル・ケラウェイ「ハーヴェイ」、レジナルド・オウエン「三銃士(1948)」、ローレット・リューツ「有史前の女」、ロマン・トポロウらが助演。

「印度の放浪児」のストーリー

1885年、印度の北境は帝政ロシアが勢力を浸透しようと不穏な形勢にあり、英国側は密偵を放ってその動きをさぐっていた。英国軍人の子に生まれながら巷に埋もれる放浪児キム(ディーン・ストックウェル)は、赤髭アリ(エロール・フリン)と呼ばれる馬商人の使い走りなどをしていたが、彼もまた密偵の1人であった。ある日キムは貧しい旅僧(ポール・ルーカス)に逢い、彼が聖なる「矢の河」を求め歩いていると聞いて、一緒に放浪の旅に出ることにした。アリは密偵の元締クレイトン大佐に渡す密書をキムに托した。大任を果たしたあと、キムは父の素性が知れて軍人孤児院に入れられてしまうことになったが、彼に密偵の素質があることを見抜いたアリと大佐は、キムに密偵の特別訓練を受けさせヒマラヤ山中にいる密偵の1人に手紙を届けさせることになった。この密偵は、山中で地質研究を行なっている筈であったが、キムが旅僧と到着してみると、既に何者かに殺されていた。3週間たってもキムは帰ってこないので、大佐はアリを捜索に出した。キムは大胆にも老僧と共に2人の白人の召使となってその挙動を探っていたのであった。想像通りこの2人はロシアの間者だったが、キムの素性を見破って彼を谷へ突き落そうとし、却ってアリに突き落されてしまった。残ったロシア人は老僧を叩き伏せて逃亡、その夜敵方の原住民がキムやアリを目がけて攻め上がってきた。2人は山上から大岩を転がし、これが大山津波となって、敵は全滅した。瀕死の老僧は、断末魔の一瞬、眼前に聖なる「矢の河」の幻を見て息をひきとった。勇んで引き揚げるキムは、途中進軍してくる槍騎兵の一隊を見、自分も成長したら父のあとを継ごうと、固く心に誓うのだった。

「印度の放浪児」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「印度の放浪児」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1951
公開年月日 1952年4月22日
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM日本支社
レイティング
カラー/サイズ カラー

「印度の放浪児」のみんなのレビュー

「印度の放浪児」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません


「印度の放浪児」を観ているあなたにおすすめの映画