印度の寵児

いんどのちょうじ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「あけぼの」に次ぐラモンノバァロ主演映画で同じくジャック・フェデールが監督したもの。原作はF・マリオン・クローフォードの小説「ミスター・アイザックス」で、「陽気な中尉さん」「モンテカルロ」のエルネスト・ヴァイダが脚色した。相手役はかつて子役として人気のあったマッジ・エバァンスが抜てきされて勤め、「結婚奴隷」「女性に捧ぐ」のコンラッド・ネーゲル、「秘密の6」「沈黙(1931)」のマージョリー・ランボー、「あけぼの」のC・オープレイ・スミス、「インスピレーション」のジョン・ミルジャン、ミッチェル・ルイス、ニジェル・ドゥブルリュエ等が助演。撮影は「マダム・サタン」「アビーの白薔薇」のハリロルド・ロッソンが担当した。

「印度の寵児」のストーリー

アメリカ娘のジャニス・ダルセイはインドのポンペイに叔母と共に旅行したおり、ポロの試合を見て勝ったチームの主将たるインド人カリムの秀麗な媚目に心をひかれた。彼女を招待したウォーレス博士の話によると、カリムはポンペイではもちろん全インドでも屈指の大宝石商で、彼の父ハミッドは数年前砂漠で族に襲われ命を落したがカリムは聖者ラオ・ラマの助けで身をもって逃れた。そして彼は大金剛石を持っていたためにポンペイで泥棒の汚名を課せられようとしたが一アメリカ人の証言で無実の罪になるのを免れた。ジャニスはウォーレスに紹介されてカリムと親しく言葉を交わし、カリムは宝石をお目にかけたいと誘ったがジャニスの叔母の目が光っていたのでそのまま別れた。翌日ジャニスは豪壮なカリムの邸宅を訪れた。彼は非常に喜び地下の大金庫に案内して稀有の宝石類を見せた。地下室から出ると叔母が迎えにきていた。カリムは虎狩りに案内したが叔母は許す気配もなかった。それでも思い切れぬカリムはその夜自動車でジャニスを迎えにいくと彼女は叔母の目を盗んで行を共にすることとなった。虎狩りを終えた夜当地でカリムは父の仇に巡り合い、守備よく仇を果たしたが仇ジュガットの投げた懐剣に傷つけられた巨象が現れたので驚いたジャニスは腕に軽傷をおった。カリムの介抱を受けた彼女は彼が深く彼女を愛していることを知り、彼女は彼と結婚すると約束した。驚いた叔母はカルカッタにいるジャニスの兄ウィリアムを呼び寄せた。ウィリアムこそはかつてボンベイで窮境のカリムを救った恩人だった。カリムはウィリアムの言を拒むことは出来なかった。かくてカリムとジャニスとの愛は地上では完うされなかったのである。

「印度の寵児」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「印度の寵児」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1931
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM支社
レイティング

「印度の寵児」のみんなのレビュー

「印度の寵児」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/27

ジャリール・ホワイト(1976)

キャメロット(1998)

英国で語り継がれてきた『アーサー王伝説』を、ひとりの少女を主人公に再現したドラマティック・アニメーション。ベラ・チャップマン著『The King's Damosel』をもとに、ワーナー・ブラザース・フィーチャー・アニメーションが製作する初の劇場用長編アニメ映画。原案はTVでも活躍するデイヴィッド・サイドラーとジャクリーン・フェザー。製作は「顔のない天使」のダリサ・クーパー・コーエン。音楽は「ハムレット」のパトリック・ドイルで、過去にグラミー賞を14回獲得しているデイヴィッド・フォスターが楽曲を提供。声の出演は「ジャックナイフ」のジェサリン・ギルシグ、「ツイスター」のケーリー・エルウェス、「フィフス・エレメント」のゲイリー・オールドマン、「トゥモロー・ネバー・ダイ」のピアース・ブロスナンほか。また、ケーリーの歌唱部分は「ザ・コミットメンツ」「エビータ」に出演したアンドレア・コーが、ギャレットの歌唱部分は数多くのプラチナ・ディスクを持つカントリー・ミュージックの大スター、ブライアン・ホワイトが担当した。
キャスリン・ビグロー(1951)

デトロイト

「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグローが、1967年暴動発生時のデトロイトで実際に起きた事件を映画化。暴動発生から2日目の夜、銃声の通報があったモーテルに警察が乗り込む。何人かの警官が捜査手順を無視し、宿泊客に不当な尋問を始める。出演は、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のジョン・ボイエガ、「レヴェナント 蘇えりし者」のウィル・ポールター、「トランスフォーマー ロストエイジ」のジャック・レイナー、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のアンソニー・マッキー。

カルテル・ランド

「ハート・ロッカー」の監督キャスリン・ビグローが製作総指揮を執ったドキュメンタリー。麻薬カルテルが蔓延るメキシコで、一人の外科医が市民による自警団を結成する。彼らはギャングたちを追い詰めていくが、やがて組織は思わぬ方向へ暴走する。2015年サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門最優秀撮影賞・最優秀監督賞W受賞。第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート。

NEW今日命日の映画人 11/27

該当する人物がいません