愛に甦へる日

あいによみがえるひ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ 社会派

ここが見どころ

ラルフ・インスが原作および監督をした社会劇で、主役はルシル・リー・スチュワートである。劇の主題たる第11戒とはモーゼがシナイ山において神より受けたる10箇条の戒、いわゆる10戒の外に「女は最愛の男と結婚せざる可らず」ということを言ったのである。
ラルフ・インスが原作および監督をした社会劇で、主役はルシル・リー・スチュワートである。劇の主題たる第11戒とはモーゼがシナイ山において神より受けたる10箇条の戒、いわゆる10戒の外に「女は最愛の男と結婚せざる可らず」ということを言ったのである。

「愛に甦へる日」のストーリー

メーヨー医師の秘書ドラ・チェスターは、ふとした心の迷いから最愛の男ボッブ・スタントンから離れ、一攫千金の夢を見るケニス・ロイスと婚約を結ぶ。株に失敗したロイスはドラを口先きでごまかしメーヨー医師保管の大金を奪う。未だ迷夢醒めないドラは、尚ロイスを信じ、自分が盗人の罪をかぶって1ヶ年の処刑を受ける。母親はこれを嘆いて死ぬ。情厚きメーヨーは出獄後のドラを我家に連れて行きその傷ける心を慰めつつ日を送る中、ある雪の日、運命の不思議なる糸に操られ、ドラは再び昔の恋人スタントンに巡り会い、昔に変わらぬ愛情にドラは蘇ってスタントンと結婚する。ロイスはこれを知って金にせんとスタントンの家に忍び入り、かえって警官の手にたおれ、ドラはいよいよ世に何のわずらわしさもなき女となり、心ゆくまま良人の深き愛に生きる身となった。

「愛に甦へる日」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「愛に甦へる日」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ 社会派
製作国 アメリカ
製作年 1918
製作会社 ラルフ・インス映画
配給 日活輸入
レイティング

「愛に甦へる日」のみんなのレビュー

「愛に甦へる日」のレビューを書く