種まく旅人 くにうみの郷

たねまくたびびとくにうみのさと
上映日
2015年5月30日

製作国
日本

上映時間
111分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

瀬戸内海の淡路島を舞台に、農林水産省から出向してきた女性官僚が、確執を抱える兄弟や地元の人々との交流を通じて成長してゆく姿を描いたドラマ。淡路島でオールロケ撮影が行なわれている。出演は、「図書館戦争」の栗山千明、「くちびるに歌を」の桐谷健太、「繕い裁つ人」の三浦貴大。監督は「小川の辺」の篠原哲雄。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    上野昴志

    農林水産省の官僚が、淡路島の農漁業の現地調査をやると乗り込んできたら、現地の生産者たちは、どう反応するか? 霞ヶ関の役人が、こちらの事情も知らずに、調査と称して覗き回るだけ迷惑! と反撥するのは見やすい図だ。この映画も、まさに、その通り始まり、以後、調査官の予想外の熱心さに、島の人の気持も次第に和らぎ、彼女の漁業や農業に対する真摯な思いに応えていくと……この手の物語に典型的なパターンで展開していくのだが、それでも最後まで見せるのは、編集の術か。

  • 映画評論家

    千浦僚

    こんなお役人ばっかりならいいのにねえ。本作冒頭の栗山千明演じる農林水産省調査官は実に憎たらしいような無神経さ傲慢さなのだが淡路島の農業、そこに生きる人々を知るようになって様々に尽力する、と。しかし現実はきっと生涯通して冒頭の栗山のような姿勢の役人ばかりではないだろうか。廃業を決意し故郷の淡路島を去ろうとした玉ねぎ農家の青年(桐谷健太)があるものを見て……という件、そして人形浄瑠璃に打ち込むと地味な姿を脱ぎ捨てるように光る谷村美月はよかった。

  • 映画評論家

    八幡薫

    今は亡き塩屋俊監督が「みのりの茶」に続き構想していた淡路島が舞台の第2弾。真摯で清廉な語り口は篠原監督にも受け継がれ、淡路島について学習できる社会科的意義のある作品に。ただ、頭でっかちで合理主義、神頼みを全面否定する鼻持ちならないエリート官僚の主人公が、瞬く間に島の農水産業再興に情熱を注ぎ、兄弟の確執に胸痛め、〝かいぼり〟実現に向けて奮闘する、その彼女自身の変節の動機が希薄で、心寄り添えぬまま想定内の着地点へ。主人公含め人物造形にもう一捻りあれば。

「種まく旅人 くにうみの郷」のストーリー

実り豊かな海と土壌に恵まれた瀬戸内海最大の島、淡路島。この島に、農林水産省の地域調査官・神野恵子(栗山千明)が赴任してくる。アメリカから帰国したばかりの恵子は、次官の太田(永島敏行)から“日本の第一次産業の現状をもっと知らなければダメだ”と、命じられて来たのだ。出向先は市役所の農林水産部。早速、調査を開始した恵子は、ベテラン職員の津守(豊原功補)に案内され、漁業組合長の桜井(重松収)が営む海苔の養殖場を訪れる。だが、配慮を欠いた恵子の言葉は、従業員・豊島渉(三浦貴大)の反感を買ってしまう。その夜。創作料理を出すハル(音月桂)の店で、タマネギ農家の四代目、豊島岳志(桐谷健太)と知り合う恵子。岳志は家業を嫌って一度は東京の広告会社に就職したものの、父親の急死を機に島へ戻り、仲間とブランド野菜を特定のルートで販売するビジネスを始めようとしていた。タマネギと海苔。島の山と海を代表する特産物に興味を持った恵子は、畑や養殖場に通い始め、岳志と渉の兄弟間の確執を知る。岳志が東京に出た後、弟の渉は父親と一緒にタマネギを作っていたが、ある時、家を飛び出して海苔の養殖業に転身。そのことを父の葬儀の席で知った岳志が渉を責めて以来、2人は口も利かなくなっていた。そんなある日、恵子は島の伝統作業“かいぼり”の存在を知る。“かいぼり”とは、灌漑用の池の水を抜き、堆積した草木や土砂を取り除く作業のこと。山の栄養が海に流れ、やがて豊かな海のミネラルが畑に還ることから、畑と海の両方にメリットがあったが、15年前から途絶えていた。恵子は痩せてきた海を元に戻すために、かいぼりの復活を主張。関係各所にもその必要性を説いて回る。やがてその熱意が認められ、島を挙げての準備が始まった。そんな中、岳志たちが独占契約していた食品会社が倒産。会社設立の計画が暗礁に乗り上げた岳志は、廃業を決意。島を出ていこうとするが……。

「種まく旅人 くにうみの郷」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「種まく旅人 くにうみの郷」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2015
公開年月日 2015年5月30日
上映時間 111分
製作会社 「種まく旅人 くにうみの郷」製作委員会(NANEIエンターテイメント=ハー トス=フードディスカバリー=名古屋テレビ放送=藤井電機工業=子供の笑顔=シティリサーチ=佐藤エンタープライズ=アフレテオ=エネット)(制作プロダクション 松竹撮影所)
配給 松竹
レイティング 一般映画
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 5.1ch
公式サイト http://tanemaku.jp/
コピーライト (C)2015 映画「種まく旅人 くにうみの郷」製作委員会

「種まく旅人 くにうみの郷」のみんなのレビュー

「種まく旅人 くにうみの郷」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。