インディアン渓谷

いんでぃあんけいこく
上映日
1951年11月20日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「タルサ」のウォルター・ウェンジャーが製作した1946年度テクニカラー活劇で、サタディ・イヴニング・ポスト誌所載のアーネスト・ヘイコックスの同名の小説から短篇作家出身のベテラン、アーネスト・パスカルが脚色、「ベルリン特急」のジャック・ターナーが監督している。撮影はエドワード・クロンジェガー、音楽は「荒鷲戦隊」のフランク・スキナーが監督する。「潜航決戦隊」のダナ・アンドリュース、「タルサ」のスーザン・ヘイワード、イギリスから呼ばれたパトリシア・ロック(「情炎の島」)、「落日の決闘」のブライアン・ドンレヴィを中心に、「情熱の狂想曲」のホギー・カーマイケル、アンディ・デヴァインやワード・ボンドら西部劇の常連が助演する。

「インディアン渓谷」のストーリー

1856年、オレゴン州ジャクスンヴィルの町でよろず屋を始めたローガン・ステュワアト(ダナ・アンドリュース)は、ルシイ・オーヴァマイア(スーザン・ヘイワード)を愛していたが、彼女が親友のカムローズ(ブライアン・ドンレヴィ)と婚約したのを知ると、移住者ベン・ダンス(アンディ・デヴァイン)の友人キャロライン(パトリシア・ロック)に求婚した。たまたまカムローズは殺人事件にまきこまれ、人々は彼を私刑にしようとしたが、それを押し止めたのはローガンであった。町でローガンに敵対するハニイ・ブラッグ(ワード・ボンド)はインディアンをそそのかし、町を襲おうとした。ローガンらは直ちに防衛団を組織し、敵を迎えうったが、血に狂ったインディアンはカムローズを殺し、幾多の移住者を惨殺し、ローガンの店を焼き払った。身をもって難を逃れたキャロラインは、この事件ではじめてローガンの本心がルシイにあることを知り、身を退いた。はじめて結ばれたローガンとルシイは、自由を求めて更に西、サンフランシスコへと旅立っていった。

「インディアン渓谷」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「インディアン渓谷」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1946
公開年月日 1951年11月20日
製作会社 ユニヴァサル映画
配給 セントラル
レイティング
カラー/サイズ カラー

「インディアン渓谷」のみんなのレビュー

「インディアン渓谷」のレビューを書く

「インディアン渓谷」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/27

ジャリール・ホワイト(1976)

キャメロット(1998)

英国で語り継がれてきた『アーサー王伝説』を、ひとりの少女を主人公に再現したドラマティック・アニメーション。ベラ・チャップマン著『The King's Damosel』をもとに、ワーナー・ブラザース・フィーチャー・アニメーションが製作する初の劇場用長編アニメ映画。原案はTVでも活躍するデイヴィッド・サイドラーとジャクリーン・フェザー。製作は「顔のない天使」のダリサ・クーパー・コーエン。音楽は「ハムレット」のパトリック・ドイルで、過去にグラミー賞を14回獲得しているデイヴィッド・フォスターが楽曲を提供。声の出演は「ジャックナイフ」のジェサリン・ギルシグ、「ツイスター」のケーリー・エルウェス、「フィフス・エレメント」のゲイリー・オールドマン、「トゥモロー・ネバー・ダイ」のピアース・ブロスナンほか。また、ケーリーの歌唱部分は「ザ・コミットメンツ」「エビータ」に出演したアンドレア・コーが、ギャレットの歌唱部分は数多くのプラチナ・ディスクを持つカントリー・ミュージックの大スター、ブライアン・ホワイトが担当した。
キャスリン・ビグロー(1951)

デトロイト

「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグローが、1967年暴動発生時のデトロイトで実際に起きた事件を映画化。暴動発生から2日目の夜、銃声の通報があったモーテルに警察が乗り込む。何人かの警官が捜査手順を無視し、宿泊客に不当な尋問を始める。出演は、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のジョン・ボイエガ、「レヴェナント 蘇えりし者」のウィル・ポールター、「トランスフォーマー ロストエイジ」のジャック・レイナー、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のアンソニー・マッキー。

カルテル・ランド

「ハート・ロッカー」の監督キャスリン・ビグローが製作総指揮を執ったドキュメンタリー。麻薬カルテルが蔓延るメキシコで、一人の外科医が市民による自警団を結成する。彼らはギャングたちを追い詰めていくが、やがて組織は思わぬ方向へ暴走する。2015年サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門最優秀撮影賞・最優秀監督賞W受賞。第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート。

NEW今日命日の映画人 11/27

該当する人物がいません