アノマリー

あのまりー THE ANOMALY
上映日
2015年1月3日

製作国
イギリス

上映時間
97分

ジャンル
SF アクション

ここが見どころ

数日間のうち9分47秒だけ意識が戻る男が、周りを渦巻く陰謀を暴こうとするSFアクション。監督・製作・主演は、「ストレージ24」のノエル・クラーク。共演は、テレビシリーズ『LOST』のイアン・サマーハルダー、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」のアレクシス・ナップ。『未体験ゾーンの映画たち2015』で上映。

「アノマリー」のストーリー

2035年、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされる元軍人・ライアン(ノエル・クラーク)は、真っ暗なトラックの荷台で目を覚ます。同じトラックの中には、手足を縛られ拘束された見知らぬ少年が乗っていた。ライアンはわけも分からず少年を助け出し、武装した追手の男たちを叩きのめす。少年がライアンに事情を説明するが、赤いマスクをかぶった男が家に突然押し寄せ、母親を殺害して自分は拉致されたのだと言う。トラックの中で目覚めるまで記憶のないライアンがポケットを探すと、赤いマスクが出てくる。少年が恐怖のまなざしをライアンに向けるなか、ライアンは気絶してしまう。そして目覚めたとき、全く違う状況で見知らぬ男たちと会話をしていた。気絶と見知らぬ場面での目覚めを何度も繰り返し、数日間に9分47秒だけ自分自身の意識があることを知ったライアン。そして意識がない間、彼の身体は史上最悪のテロを実行しているようなのだった……。

「アノマリー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アノマリー」のスペック

基本情報
ジャンル SF アクション
製作国 イギリス
製作年 2014
公開年月日 2015年1月3日
上映時間 97分
製作会社 Tea Shop & Film Company
配給 パルコ
レイティング
カラー/サイズ カラー
コピーライト (C) 2014 Anomaly Picture Ltd. All Rights Reserved.

「アノマリー」のみんなのレビュー

「アノマリー」のレビューを書く

「アノマリー」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/26

サンドラ・ブロック(1964)

オーシャンズ8

スティーブン・ソダーバーグ監督、ジョージ・クルーニー主演の「オーシャンズ11」を元に主要キャラクターをオール女性キャストでリブートする新作。2018年6月8日全米公開予定。

ミニオンズ

ユニバーサル・スタジオとクリス・メレダンドリ率いるアニメーションスタジオ、イルミネーションが贈るアトラクション3Dアニメーション「怪盗グルー」シリーズの人気キャラクター、ミニオンズを主役に描いた作品。ミニオンたちが仕えるべき最強のボスを探す旅を描く。前2作のピエール・コフィンに加え、「ロラックスおじさんの秘密の種」のカイル・バルダが監督を務める。「スピード」のサンドラ・ブロック、「バットマン」のマイケル・キートンらが声の出演。日本語吹替版では「アマルフィ 女神の報酬」の天海祐希、「009 RE:CYBORG」の声優・宮野真守らが参加。「怪盗グルーのミニオン危機一髪」の主題歌『Happy』が第86回アカデミー賞歌曲賞にノミネートされたファレル・ウィリアムスが引き続き音楽を担当している。
スーザン・ジョージ(1950)

J&S さすらいの逃亡者

かの『ボニー&クライド』に材をとり、腐れ縁で結ばれた男と女をめぐるマカロニ・ウェスタン風味のラブ・ストーリー。監督は「続荒野の用心棒」「情無用のジャンゴ」など、ひねりの効いたマカロニ・ウェスタンのほか、「史上最大の喜劇 地上最笑の作戦」はじめ様々なジャンルの映画を手がけた名職人セルジオ・コルブッチ。製作はロバート・ロヨラ、脚本はコルブッチ、マリオ・アメンドラ、アドリアーノ・ボルツォーニ、ホセ・マリア・フォルケ、サバティーノ・チウフィーニの共同、撮影はルイス・カドラード、編集はユージェニオ・アラビソ、美術はピエトロ・フィリッポがそれぞれ担当。音楽は「荒野の用心棒」はじめマカロニ・ウェスタンのテーマ曲で名を高めた巨匠エンニオ・モリコーネ。主演はコルブッチとは「情無用のジャンゴ」でも組んだトマス・ミリアンと「わらの犬」「マンディンゴ」などのスーザン・ジョージ。共演はTV「刑事コジャック」でおなじみの「特攻大作戦」などのテリー・サヴァラス、ゲストとして「テオレマ」「1900年」のラウラ・ベッティほか。ちなみに、本作は〈マカロニ・ウェスタン復活祭〉と題して、監督を同じくコルブッチが手がけた問題作「殺しが静かにやってくる」と連続上映された。

タイガーシャーク(1978)

夏のバカンス・シーズンで賑わう中米カリブ海の保養地を舞台に、風俗と、男女の恋を描きながら、人食いザメと人間の戦いを促えたパニック映画。製作はジェラルド・グリーン、監督・脚本はルネ・カルドナ・ジュニア、音楽はバージル・ポルドゥーリスが各々担当。出演は「マンディンゴ」のスーザン・ジョージ、フィオナ・ルイス、ジェニファー・アシュレー、アンドレス・ガルシア、ヒューゴー・スティグリッツなど。