ゆずり葉の頃

ゆずりはのころ
上映日
2015年5月23日

製作国
日本

上映時間
102分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

一枚の画への想いを胸に軽井沢へ来た老母と周囲の人々が織りなす現代のメルヘン。監督・脚本は、故・岡本喜八監督夫人にして映画プロデューサーの中みね子(岡本みね子)。76歳にして挑んだ初監督作品。出演は八千草薫、風間トオル、岸部一徳、仲代達矢ほか。2014年10月31日より、鳥取県米子市ガイナックスシアターにて2週間先行公開。2015年5月全国公開。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    上島春彦

    半世紀を隔てての飴玉の受け渡し、というコンセプトには素直に泣けた。老女には歳月はダンスをするつかの間に過ぎたのかも、と思わせて秀逸。この監督は女流詩人だね。お寺の奥の池の実写風景も凄い。カラー(現在)とモノクロ(過去)で撮影技巧を変えていると思う。池というのはめぐり合う場か、或いは別れの場所なのか、それは見る人の解釈に任せるとして、問題は話に無駄があること。息子さんとのすれ違いの度が過ぎて時間稼ぎみたいであった。田村奈巳をもっと見たかったかも。

  • 映画評論家

    北川れい子

    八千草薫には老女ということばは似合わない。もちろん若くはないけれども、透明な柔かさがあって、年齢を超えた女性としての豊かさ、美しさがある。中みね子監督が八千草薫に託したこの作品が、静かで慎ましいのに、さりげなく大胆なのも、自分の人生を自分なりに生きてきた女性の肩ヒジを張らない強さを描きたかったからに違いない。軽井沢を追憶的に歩き回る彼女が、店や地元の人々と交わす些細な会話からも、それぞれの生き方を肯定する善意が伝わってきて、実に心地良い。

  • 映画評論家

    モルモット吉田

    喜八監督が遺した企画『幻燈辻馬車』は、みね子プロデューサーが監督すればいいと思ったことがあったが〈中みね子〉の名はそんな声への回答に思えた。老人的な老人役への異議申立てのように等身大の女性を機嫌よく演じる八千草薫は表情も若々しく実に可愛い。その姿の影に、自分が撮りたいものだけを凝縮して撮ることができる新人監督の喜びが見え隠れする多幸感。盛り込みすぎることも説教臭くなることもなく、戦争の影は見せても〈戦中派の感慨〉は出さないバランス感覚も絶妙。

「ゆずり葉の頃」のストーリー

商社に勤め海外勤務の進が帰国した。着物の仕立てをしながら一人で暮らす、老境を迎えた母・市子を訪ねるが、旅に出ていて留守だと言う。進は、理由も語らず一人旅に出た母を気にかけ、旅の地・軽井沢へと後を追うが…。

「ゆずり葉の頃」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ゆずり葉の頃」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2014
公開年月日 2015年5月23日
上映時間 102分
製作会社 岡本みね子事務所(製作プロダクション:岡本みね子事務所=仕事/製作協力:喜八プロダクション=無名塾=柊企画=ゴールフェイス=長野県軽井沢町)
配給 パンドラ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ステレオ
コピーライト (C)岡本みね子事務所

「ゆずり葉の頃」のみんなのレビュー

「ゆずり葉の頃」のレビューを書く

「ゆずり葉の頃」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません


「ゆずり葉の頃」を観ているあなたにおすすめの映画