解放区

かいほうく FRAGILE
上映日
2019年10月18日

製作国
日本

上映時間
114分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「わたしたちに許された特別な時間の終わり」を監督、俳優としても活動する太田信吾が、浄化作戦の進む大阪市西成区の街とそこに生きる人の姿を活写した人間ドラマ。ドキュメンタリー作家を目指すスヤマは、新たな居場所を探すかのように、釜ヶ崎に漂着する。ドキュメンタリーの手法を用い、そこで息づく人々の生きる姿をリアルに映し出す。第27回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門および2017年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭ゆうばりシネマテークに出品された。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    川口敦子

    友人の自殺を直視したドキュメンタリーに続く監督初の長篇劇映画とプレスにあって劇映画、え!? との肩すかし感とそうよねというまぬけな安堵を共に抱え込んだ。前作にも確信犯的に演出を持ち込んでいたという監督は新作でも迷いなく虚実の境い目に身を置いて、けれどもその狭間は名づけ難く人を食った感触をつきつける。記録であり記憶であると自ら位置づける一作は常にそこにいるキャメラ/嘘を意識させ観客を醒め返らせつつ巻き込むストーリーテラーぶり。正に一見の価値あり。

  • 映画評論家

    佐野享

    ここまで擁護のしようがないダメダメ男をみずから演じる監督の潔さに感心。その徹底ぶりがあればこそ、最後にテープだけは死守しようとする主人公の意地(というか精一杯の虚勢)と逃走がどこか清々しく映える。土地の一面しかとらえられていない、という批判もあろうが、監督が企図したのはダークな観光映画ではなく、なすすべをなくした人間どもの点描であると考えれば合点がいく。ましてこれを「西成への偏見」などを理由に上映中止に追い込んだ大阪市の行政は恥を知るがいい。

  • 映画評論家

    福間健二

    安全とクォリティーの神話を追いだしながら、ふしぎに始末がいい。挿話ごとにぎりぎり危うさを切り抜ける語り方で、人物のいやな部分は先で文句を食らうようになっており、後半の「釜ヶ崎」への踏み込みにはその表裏の要所を粗く撫でるにとどまらない臨場感がある。自演の主人公の愚かさを描くのではなく生きてしまう太田監督の居直り的才覚は何ものかだ。しぶとく、そうではあるが、私的な野心と窮状の辻褄合わせをこえるべき「解放区」への思い、画に僅かでも出ていただろうか。

みんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年10月16日に投稿
    80
    • 考えさせられる

    ネタバレ

「解放区」のストーリー

先輩ディレクターとの理不尽な上下関係、制作時の被写体との接し方に疑問を抱きながら小さな映像制作会社に勤めるスヤマは、その一方でドキュメンタリー作家を目指しており、彼の夢に理解を示してくれる恋人もいた。ある日取材現場での先輩の姿勢に怒りが爆発し、やがて仕事での居場所を失ってしまう。新たな居場所を探すかのように、以前希望を見失った少年を撮影した釜ヶ崎へ向かうスヤマ。しかし東京で取材した引きこもりの青年を呼びつけたり、行きずりの女性に愛を語ったりと、一人で問題に向き合えず、切実さに欠ける取材を続ける。やがて自らの甘さがもたらした結果から、スヤマは一歩また一歩と道を踏み外し始め……。

「解放区」の映像

「解放区」の写真

「解放区」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「解放区」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2014
公開年月日 2019年10月18日
上映時間 114分
製作会社 トリクスタ(『解放区』上映委員会:トリクスタ=キングレコード=スペースシャワーネットワーク/制作プロダクション:トリクスタ=ハイドロブライト)
配給 SPACE SHOWER FILMS
レイティング R-18
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト https://twitter.com/kaihoukufilm
コピーライト (C)2019「解放区」上映委員会

「解放区」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年10月16日に投稿
    80
    • 考えさせられる

    ネタバレ

「解放区」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/26

エイブ・ヴィゴーダ(2016)

アンダーワールド(1996)

自分と父親を陥れた真犯人を見つけるため、正体不明の謎の男に接近する青年のパラノイアックな復讐劇を描いた異色サスペンス。本作の後「マッド・ドッグス」(日本では98年1月公開)で監督デビューも果たしたヴェテラン俳優ラリー・ビショップ(本作で助演も)の脚本を、「スター・ウォーズ」(美術監督としてアカデミー装飾部門最優秀賞を受賞)、『The Sender』(日本未公開、監督作)のロジャー・クリスチャンの監督で映画化。美術はアキ・カウリスマキ監督作品(「ラ・ヴィ・ド・ボエーム」ほか)でも知られるジョン・エブデン。出演は「ネオン・バイブル」のデニス・レアリー、「アンカーウーマン」のジョー・モントーニャ、「フューネラル」のアナベラ・シオラ、「ゴッドファーザー」のアベ・ヴィゴダ、「シリアル・ママ」のトレイシー・ローズほか。

シュガー・ヒル

ニューヨーク・ハーレムの暗黒街で、ドラッグ売買のトップにのし上がった2人の兄弟の葛藤を軸に展開する、愛と暴力に彩られたブラック・ムービー。監督はキューバ出身で、カンヌ国際映画祭で上映された「クロスオーバー・ドリーム」やテレビ映画「心臓が凍る瞬間」(日本では劇場公開)などの作品があるレオン・イチャソ。脚本はバリー・マイケル・クーパー。製作は「ラブ・クライム 官能の罠」のルディ・ラングレイスと、グレゴリー・ブラウン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ザ・コミットメンツ」のアーミヤン・バーンスタインとトム・ローゼンバーグ、マーク・エイブラハムズの共同。撮影は「ディープ・カバー」「カリフォルニア(1993)」のボージャン・バゼリ。音楽はテレンス・ブランチャードで、ジャズ、ファンク、ソウル、ラップ、ヒップホップ、ブラック・コンテンポラリー、アフリカン・ミュージックからゴスペルに至るまで、さまざまなブラック・ミュージックの挿入曲が全編に流れる。美術は「再会の時」のマイケル・ヘルミー、主人公兄弟の人物造形や作品世界の上でも重要な要素を占める衣装は、「ディック・トレイシー」のエドゥアルド・カストロで、ヴェルサーチ、ヨージ・ヤマモトなどのスーツが使用されている。主演は「ニュー・ジャック・シティ」「デモリションマン」「ドロップ・ゾーン」など出演作が相次ぐウェズリー・スナイプスと、「ストリーマーズ 若き兵士たちの物語」『ファイブ・ハートビーツ』(V)のマイケル・ライト。「クロウ 飛翔伝説」のアーニー・ハドソン、「ビバリーヒルズ・コップ3」のテレサ・ランドルらが共演。

「解放区」を観ているあなたにおすすめの映画