愛に向かって走れ

あいにむかってはしれ
製作国
アメリカ

ジャンル
アクション

ここが見どころ

無実の罪で刑務所に投獄され、愛する妻と子供の待つ町までの脱走に踏み切った男と執拗に追跡する囚人護送人の確執を描くアクション映画。エグゼキュティヴ・プロデューサーはピーター・サファイヤー、製作はルイス・A・ストローラー。ジェームズ・マクレンドンの同名小説を基にジェフ・カニューが監督・脚本を担当。撮影はジェームズ・A・コントナー、音楽はノートン・バッファロー、製作デザインはビル・ケニーが各々担当。出演はカーク・ダグラス、ジョン・シュナイダー、リー・パーセル、リー・エイヤース、リサ・ダンシース、トミー・ヌーナン、J・C・クインなど。日本版字幕は金田文夫。テクニカラー、ビスタサイズ。1983年作品。

「愛に向かって走れ」のストーリー

テキサス州、ハンツビルにある刑務所。ロデオ大会が行なわれており、それに参加した若い囚人、エディ・メイコン(ジョン・シュナイダー)は、すぐ落馬して退場した。外に出た彼は、牛を積んでいるトラックに運よくまぎれ込んだ。脱走だ。囚人を乗せているとは知らずトラックは刑務所の外へ出た。夜、トラックから降りたエディは、草むらからデイパックを取り出した。中には地図、ピストルなど脱走に必要なものが入っている。実は、妻のクリス(リー・エイヤース)が面会に来た時に、この逃亡計画を打ちあけ、やるべきことを指示しておいたのだ。日中は身を隠し、夜27マイルずつ走って4日後にメキシコ国境のラレドの町に着き、昼、国境の橋の上でクリスと息子のボビーと落ち合うというのがエディの計画だ。一方、エディの脱走を知った刑務所側は捜索を開始する。囚人護送の責任者、カール・マルザック(カーク・ダグラス)も、独自の捜査を開始した。3年前までエディは親子3人で平和は生活を送っていた。しかし、病気がちのボビーの治療代をかせぐために移ったテキサスの油田で、現場監督といざこざを起こしてしまったのだ。監督は地方の警察と結託して、エディを5年の刑に陥れたのだ。その上、脱走しようとして捕まり、刑は20年に増えてしまった。20年投獄されるなら、死んだ方がましだと思った彼は再び脱走を試みたのだ。途中、彼は、土地のならず者にからまれるが、クリスの用意したピストルで難をのがれた。しかし、このいざこざがマルザックの捜査のヒントになってしまい、エディのデイパックを手に入れ、彼が目ざしているのが国境の町ラレドであることに気がつく。ラレドの町に近い丘の上でライフルをかまえて待ちうけるマルザック。必死に走るエディが標的に入って来た時、白いメルセデス・ベンツが邪魔をした。その中で女がレイプされそうになっているのだ。彼女を助け、男を外におし出し、車を走らせるエディ。2人はラ・ポサダのモーテルに行き、クリスがとっておいた部屋に落ちついた。彼女はジリー(リー・パーセル)といい、実はテキサス州知事の姪だった。エディから全ての事情を聞いた彼女は、協力を約束した。しかし、2人が食事から帰ってくると、部屋にはマルザックが待っていた。脱走の順路を推理してみせるマルザック。次の瞬間、ジリーがマルザックに水さしで一撃を加えた。2人はベンツで逃げ、気がついたマルザックがそれを追う。カーチェイスの後、マルザックの車が転倒。しかし、その安否を気づかったエディが近づいた時、マルザックのピストルが光った。「もう終わりだ」と覚悟を決めるエディに、マルザックは、早く立ち去るように言った。まるで自分の能力を確かめることが、この追跡の目的だったかのように…。そして、ジリーに別れを告げ、エディは妻子が待つ橋に向かって走り去るのだった。

「愛に向かって走れ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「愛に向かって走れ」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1983
製作会社 マーティン・プレグマン・プロ作品
配給 ユニヴァーサル=CIC
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「愛に向かって走れ」のみんなのレビュー

「愛に向かって走れ」のレビューを書く

「愛に向かって走れ」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/11

加山雄三(1937)

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。

茅ヶ崎物語 MY LITTLE HOMETOWN

茅ヶ崎出身のミュージシャン、桑田佳祐を核に“芸能の地、茅ヶ崎”の秘密を探る音楽探訪記。サザンオールスターズの名付け親である宮治淳一が、人類学者の中沢新一、本作の監督を務めた「人狼ゲーム」の熊坂出と共に茅ヶ崎と芸能との関係性を多角的に分析する。高校生時代の宮治の記憶をもとに撮影されたドラマパートでは、宮治の学生時代を「3月のライオン」の神木隆之介が、桑田の学生時代を「サクラダリセット」の野村周平が演じる。そのほか「森山中教習所」の賀来賢人、「銀魂」の安田顕、そして桑田佳祐自身も出演。2017年6月25日、第6回茅ヶ崎映画祭にてワールドプレミア上映。2017年7月21~23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズほかで特別劇場公開。
武田鉄矢(1949)

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

いのちスケッチ

福岡県の動物園を舞台にしたヒューマンドラマ。東京で漫画家になる夢を諦めて故郷の福岡県に帰ってきた亮太は、動物福祉に取り組む地元の動物園のアルバイトを紹介され、獣医師の彩と出会う。彩は園の取り組みを広めるため、亮太に漫画を描いてほしいと頼む。出演は、「今日も嫌がらせ弁当」の佐藤寛太、「猫忍」の藤本泉、「岬の兄妹」の芹沢興人、「よこがお」の須藤蓮、「ガチ星」の林田麻里。監督は、「恋のしずく」の瀬木直貴。

「愛に向かって走れ」を観ているあなたにおすすめの映画