はじまりのうた

はじまりのうた BEGIN AGAIN
上映日
2015年2月7日

製作国
アメリカ

上映時間
104分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

ニューヨークを舞台に、失意の女性シンガーソングライターが音楽を通じて運命を切り開いていく姿を描くヒューマンドラマ。監督・脚本は「ONCE ダブリンの街角で」のジョン・カーニー。出演は「アンナ・カレーニナ」のキーラ・ナイトレイ、「キッズ・オールライト」のマーク・ラファロ、人気バンド“マルーン5”のボーカリスト、アダム・レヴィーン。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    山口剛

    失職中の往年の名プロデューサーが新人シンガーを見つけその才能に賭けるという業界ものの定番をインディ出身の監督はフレッシュな語り口で描く。前作、『ONCE ダブリンの街角で」のヒットにより大きな予算でこの作品を撮ったとのことだが、前作と同じ世界を気負わずに描いているのが好ましい。ニューヨークの各所で次々にでくりひろげる無許可ライヴ・レコーディングは臨場感たっぷり、まさに、「世界中がステージ」という感じ。全身音楽人間をマーク・ラファロが好演。

  • 映画評論家

    筒井武文

    街角で商業レヴェルの録音をやってしまおうという発想が、デジタル化が進行した映画撮影と二重写しになるのが面白い。近所の子どもたちの騒音を止める苦労や逆に深夜の屋上で近隣住民の苦情等が活写される。主軸の三人を始めキャステイングがよいが、とりわけキーラ・ナイトレイの自然体が見事に生かされる。唯一の不満は、最悪のタイミングでの出会いも含め、ラストから逆算された予定調和に見えてしまうことだ。真の意味でのアクシデントがないという贅沢な不満ではある。

みんなのレビュー

「はじまりのうた」のストーリー

ニューヨーク。シンガーソングライターのグレタ(キーラ・ナイトレイ)は、同じミュージシャンの恋人デイブ(アダム・レヴィーン)に裏切られ、失意のままライブハウスで歌っていた。そこに偶然居合わせた落ちこぼれの音楽プロデューサー、ダン(マーク・ラファロ)はグレタの才能に惚れ、彼女にデビューの話を持ちかける。ところが、その録音はニューヨークの街角で行うという。セントラルパークやチャイナタウン、橋の下、路地裏、ビルの屋上、地下鉄のホームなど、グレタのゲリラレコーディングは続いていくが、この無謀な企画が小さな奇跡を起こし始める。やがてアルバムが完成したその日、誰も予想できなかった最高のはじまりが待っていた……。

「はじまりのうた」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「はじまりのうた」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2013
公開年月日 2015年2月7日
上映時間 104分
配給 ポニーキャニオン
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 5.1ch
公式サイト http://hajimarinouta.com/
コピーライト (C)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED

「はじまりのうた」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?