ジョーカー・ゲーム(2015)

じょーかーげーむ
上映日
2015年1月31日

製作国
日本

上映時間
108分

ジャンル
アクション サスペンス・ミステリー

ここが見どころ

柳広司の同名ミステリーを「SR サイタマノラッパー」シリーズの入江悠監督が映画化。第二次世界大戦前夜の国際都市を舞台に、各国のスパイたちがあらゆる謀略と頭脳を駆使しながら重要機密文書の争奪戦を展開する。出演は「俺俺」の亀梨和也、「下妻物語」の深田恭子、「ホットロード」の小澤征悦、「シュアリー・サムデイ」の小出恵介、「あしたのジョー」の伊勢谷友介。
柳広司の同名ミステリーを「SR サイタマノラッパー」シリーズの入江悠監督が映画化。第二次世界大戦前夜の国際都市を舞台に、各国のスパイたちがあらゆる謀略と頭脳を駆使しながら重要機密文書の争奪戦を展開する。出演は「俺俺」の亀梨和也、「下妻物語」の深田恭子、「ホットロード」の小澤征悦、「シュアリー・サムデイ」の小出恵介、「あしたのジョー」の伊勢谷友介。

「ジョーカー・ゲーム(2015)」のストーリー

第二次世界大戦前夜。上官の命に背き、極刑を言い渡された青年(亀梨和也)は刑の執行直前、謎の男・結城(伊勢谷友介)から救いの手を差し伸べられる。だがその交換条件は、結城が設立した秘密組織“D機関”の一員としてスパイになることだった。過酷で奇妙な訓練を経て、青年は“嘉藤”という偽名を与えられ、世界を揺るがしかねない機密文書“ブラックノート”奪取の極秘ミッションを命令される。世界各国が狙う“ブラックノート”は現在、国際都市“魔の都”に駐在する米国大使・グラハムの手にあった。日本を飛び出し“魔の都”に潜入した嘉藤たちD機関のメンバーは、明晰な頭脳と身体能力を駆使し、グラハムに接近していく。しかしグラハムの愛人・リン(深田恭子)や、ブラックノートを狙う各国のスパイたち、さらにD機関内部に潜む見えざる敵が彼らの前に立ちはだかるのだった……。

「ジョーカー・ゲーム(2015)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ジョーカー・ゲーム(2015)」のスペック

基本情報
ジャンル アクション サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 2015
公開年月日 2015年1月31日
上映時間 108分
製作会社 「ジョーカー・ゲーム」製作委員会(日本テレビ放送網=東宝=ジェイ・ストーム=読売テレビ放送=バップ=博報堂DYメディアパートナーズ=KADOKAWA=日本出版販売=シネバザール=STV=MMT=SDT=CTV=HTV=FBS)(企画・製作:日本テレビ放送網/制作プロダクション:シネバザール=Infinite Studio)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
コピーライト (C)2015「ジョーカー・ゲーム」製作委員会

「ジョーカー・ゲーム(2015)」のみんなのレビュー

「ジョーカー・ゲーム(2015)」のレビューを書く