超能力研究部の3人

ちょうのうりょくけんきゅうぶのさんにん
上映日
2014年12月6日

製作国
日本

上映時間
119分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

アイドルグループ・乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未主演、「もらとりあむタマ子」の山下敦弘監督による異色アイドル映画。大橋裕之の連作短編漫画『シティライツ』を原作にした作品とメイキング風ドキュメンタリーを掛け合わせながら、3人のアイドルの“リアル”と“嘘”を映し出す。脚本は「苦役列車」のいまおかしんじと「もらとりあむタマ子」の向井康介。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    上野昴志

    アイドル論としては出色! 素顔(?)のインタビューなどは格別な点もないのだが、キス・シーンを撮る撮らないで、監督と三人の所属事務所の責任者が揉めるシーンには、思わず大笑いした。と同時に、一瞬、これは本物のマネージャーが出てきたのではないかと思った。なにしろ彼は、唇が触れるのは絶対駄目、ファンの心を傷つけるといい、どうしてもというなら、CGにしよう、ウチが金を出すという、その様が、いかにも今をときめくアイドル事務所らしいのだ。劇中劇が弱いのが難点。

  • 映画評論家

    上島春彦

    歳のせいかアイドル三人中二人の顔が区別できず結構困った。どっちも初期前田敦子の路線ね。フィクションと映画メイキングを交互に見せる構成で、ただし後者が実は偽ドキュメンタリー。「それってネタばらしでは?」とおっしゃる読者がいるだろうが、映画好きなら「すぐ分かる」から書いてます。興味深いのは、そう分かって見ていてもやがて区別できなくなるから。この先は書かない。俳優で映画作家でもある森岡龍が、山下監督(演技あり)や偽マネージャー級の好スタンスで特筆に値。

「超能力研究部の3人」のストーリー

2013年3月にリリースされた乃木坂46の5thシングル『君の名は希望』のミュージックビデオで、乃木坂46全メンバーに敢行された嘘の劇中オーディションに勝ち抜いた秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未。山下監督はそんな彼女たちにインスパイアされ、大橋裕之の連作短編映画『シティライツ』を原作に映画制作を進めていたが、「この脚本でも撮りつつ、この映画を撮っているというメイキング風ドキュメンタリーも掛け合わせた一本の映画」というコンセプトを提案。どこまでが嘘でどこまでが本当なのか。3人が超能力とUFOを真剣に研究する女子高生を演じる“青春映画”でありながら、同時に彼女たちがアイドルから女優へと成長する様子を切り取った“アイドル映画”でもある本作。フェイクから始まった映画は、3人のアイドルの“リアル”と“嘘”を映し出していく……。

「超能力研究部の3人」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「超能力研究部の3人」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2014
公開年月日 2014年12月6日
上映時間 119分
製作会社 2014「超能力研究部の3人」製作委員会
配給 BS-TBS
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://www.bs-tbs.co.jp/chonoryoku3/
コピーライト (C)2014「超能力研究部の3人」製作委員会 (C)BS-TBS,INC.All rights reserved.

「超能力研究部の3人」のみんなのレビュー

「超能力研究部の3人」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。