救いたい

すくいたい
上映日
2014年11月22日

製作国
日本

上映時間
110分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

麻酔科医として患者を懸命に守り、また地域医療に奔走する夫を支える女性を通し、東日本大震災からの復興に向けひたむきに生きる人々を描いたヒューマンドラマ。国立病院機構仙台医療センターで麻酔科医長等を務める川村隆枝が、あまり知られていない麻酔科医の姿や自身の体験談を綴ったエッセー『心配ご無用――手術室には守護神がいる』を映画化。監督は「大河の一滴」「ハチ公物語」の神山征二郎。苦難を乗り越え前向きに生きようとする麻酔科医を「セカンドバージン」「ラヂオの時間」の鈴木京香が、被災地での診療に身を捧げる夫を「沈まぬ太陽」「伊豆の踊子」の三浦友和が演じる。前売券の売上の一部が、地域医療振興に向け寄付される。

みんなのレビュー

「救いたい」のストーリー

麻酔科医・川島隆子(鈴木京香)は仙台医療センターに麻酔科医長として勤めている。仙台市街に川島医院を開く夫・貞一(三浦友和)と、互いを尊重し合いながら仲睦まじく暮らしていた。2011年3月11日、東日本大震災が発生。貞一は被災地で地域医療に携わるべく、自宅を出る。被災地で診療所を立ち上げ、貞一は地域の人々や患者たちから頼りにされていく。そこには、懸命に前向きに生きようとする人々の笑顔があった。一方隆子は、震災で唯一の肉親である父親を亡くした悲しみから立ち直れないでいる部下・鷹峰純子のことが心配でならなかった。純子は父親の捜索に当たった自衛隊員・三崎大樹から好意を寄せられていたが、大樹を前にするとどうしても父親のことを思い出すため、彼の気持ちを受け入れられないでいた。純子をはじめ、多くの人が厳しい現実を受け入れ乗り越えようとしていた……。

「救いたい」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「救いたい」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2014
公開年月日 2014年11月22日
上映時間 110分
製作会社 「救いたい」製作委員会(アミューズメントメディア総合学院=タイムズ イン=バップ=読売新聞社=アークエンタテインメント)(製作プロダクション:タイムズ イン、製作協力:アミューズメントメディア総合学院)
配給 AMGエンタテインメント(配給協力:アークエンタテインメント)
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト http://www.sukuitai.com/
コピーライト (C)2014「救いたい」製作委員会

「救いたい」のみんなのレビュー

「救いたい」の多彩なBlu-ray/DVD