命知らずの男

いのちしらずのおとこ
上映日
1957年1月3日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

西部開拓史に馳せたカンサス襲撃隊のジェイムス兄弟とキット・ダルトンを主人公にした西部劇。「砂漠部隊」のテッド・リッチモンドが製作、「アリゾナの襲撃」のレイ・エンライトが監督を担当。脚本は「ウィンチェスター銃'73」のロバート・L・リチャーズ、撮影はアーヴィング・グラスバーグ、音楽は「全艦発進せよ」のジョセフ・ガーシェンソン。主演は「地獄の戦線」のオーディ・マーフィ、「裏切りの町角」のトニー・カーティス、「暴力団(1955)」のブライアン・ドンレヴィ、「緑に誓う」のマーゲリット・チャップマンなど。
西部開拓史に馳せたカンサス襲撃隊のジェイムス兄弟とキット・ダルトンを主人公にした西部劇。「砂漠部隊」のテッド・リッチモンドが製作、「アリゾナの襲撃」のレイ・エンライトが監督を担当。脚本は「ウィンチェスター銃'73」のロバート・L・リチャーズ、撮影はアーヴィング・グラスバーグ、音楽は「全艦発進せよ」のジョセフ・ガーシェンソン。主演は「地獄の戦線」のオーディ・マーフィ、「裏切りの町角」のトニー・カーティス、「暴力団(1955)」のブライアン・ドンレヴィ、「緑に誓う」のマーゲリット・チャップマンなど。

「命知らずの男」のストーリー

南北戦争も終りに近い1863年、カンサス州ローレンスに乗り込んだ侠盗ジェシイ・ジェイムス(オーディ・マーフィ)は、南軍ゲリラ、カントリル(ブライアン・ドンレヴイ)の部隊に参加すべく、キット・ダルトン(トニー・カーティス)、兄フランク(リチャード・ロング)やヤンガー兄弟と旅を続けていたのだった。彼らをカントリルのスパイと怪しんだ民衆は私刑にしようとしたが、駐屯騎兵隊の隊長に救われ一行は町を出た。途中、馬車の暴走で危険に瀕したカントリルの娘ケイト(マーゲリット・チャップマン)を助けたが、彼女はゲリラ隊のキャンプで下働きをしている身。ゲリラ隊はカンサス襲撃隊と名乗っていた。隊長カントリルはジェシイの態度を好意で迎え入れたが副隊長ビル・アンダースンは何故か彼を嫌う。ビルの腹心テイトはナイフで決闘を挑むが、凱歌はジェシイに上り、カントリルはビルの反対を押し切って副隊長に任命。だがやがてジェシイはビル一味の暴虐に兄フランク同様、疑念を抱き始める。ケイトはジェシイに好意を寄せるようになり、襲撃隊の無法者化を憂えて、一緒に逃げてと頼むが、彼は襲撃の際危ない処を救われたことから一層カントリルに心惹かれる。ゲリラ隊は最大の目的地ローレンスに侵入。掠奪の際、捕虜になった騎兵隊長を虐殺しようとするビルをジェシイは素早く射殺した。程なく南北戦は終り襲撃隊は四散。本拠を北軍騎兵隊に攻撃されたカントリルは両眼を失う。ジェシイは盲目の彼とケイトを守り逃亡の旅を続ける中、一軒家に潜んだ処を騎兵隊に包囲された。だがその隊長はかつてジェシイが救った大尉。あくまで踏み留まろうとするジェシイを戸外へ出したカントリルは、騎兵隊の銃火の前に壮烈な最後を遂げた。年上のケイトは若いジェシイについて行けぬことを悟り、別れを申し出た。平原の彼方に去る一行を、ケイトは一人淋しく見送るのだった。

「命知らずの男」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「命知らずの男」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1951
公開年月日 1957年1月3日
製作会社 テッド・リッチモンド・プロ映画
配給 ブレイクストン日本映画=映配
レイティング
カラー/サイズ カラー

「命知らずの男」のみんなのレビュー

「命知らずの男」のレビューを書く

「命知らずの男」の関連作を観る