ブロブ 宇宙からの不明物体

ぶろぶうちゅうからのふめいぶったい
上映日
1989年1月21日

製作国
アメリカ

ジャンル
SF ドラマ

ここが見どころ

アメリカの田舎町に突然轟音とともに落ちてきた宇宙からの侵略者と戦う若者たちの姿を描く。58年の「マックイーンの絶対の危機」のリメイク版で、エグゼクティヴ・プロデューサーはアンドレ・ブレイ、製作はジャック・H・ハリスとエリオット・カストナー、監督・脚本は「エルム街の悪夢3 惨劇の館」のチャック・ラッセル、共同脚本はフランク・ダラボン、撮影はマーク・アーウィン、音楽はマイケル・ホーニッグが担当。出演は「プラトーン」のケヴィン・ディロン、ショウニー・スミス、ジョー・セネカほか。

「ブロブ 宇宙からの不明物体」のストーリー

アメリカの田舎町、アーバーヴィル。ある夕方、火の玉が森に墜落するのを見た町の名物男、缶男(ビリー・ベック)は好奇心からその現場に向かうが、クレーターの底に動く粘液状の塊が腕に取りついてしまう。そこへデート中のメグ(ショウニー・スミス)とポール(ドノヴァン・リーチ)の車が通りあわせ、2人は彼を病院へ運ぶが、その物体はいつしか缶男を食べつくし、ポールに襲いかかる。それを目撃したメグは一部始終を病院に駆けつけたハーブ保安官(ジェフリー・デマン)に話すが、彼は町の不良少年ブライアン(ケヴィン・ディロン)の悪戯だと思っていた。その間にも町に出た物体は次々に人々を飲み込んでゆき、巨大化していった。ブライアンはメグから事の次第を聞かされるが相手にしないでいたところ、彼の親友で食堂のウェイトレス、フラン(キャンディ・クラーク)が物体に襲われるのを目の当たりにして、それと戦う決心を固める。やがてその物体の正体が、政府の科学調査団と称する科学者メドウス博士(ジョー・セネカ)の行なった細菌実験の産物であることを知ったブライアンとメグは、町をすっかり飲み込んでしまう勢いの物体を、人工雪製造機で凍らせようと一計を策し、そしてそれはタンクの爆発による氷の雲の結晶体の落下で成功をみる。戦いは勝ったのだ。ところが町のミーカー牧師(デル・クローズ)はこの世の終わりを予言する。なぜなら彼は怪物の結晶体をビンの中に入れて持ち歩いているから。その最後の審判の日を待ちながら…。

「ブロブ 宇宙からの不明物体」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ブロブ 宇宙からの不明物体」のスペック

基本情報
ジャンル SF ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1988
公開年月日 1989年1月21日
製作会社 トライ・スター/アンドレ・ブレイ=エリオット・カストナー作品
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ブロブ 宇宙からの不明物体」のみんなのレビュー

「ブロブ 宇宙からの不明物体」のレビューを書く