ブレイズ

ぶれいず
上映日
1990年3月3日

製作国
アメリカ

ジャンル
ラブロマンス

ここが見どころ

59年のルイジアナを舞台に、政治家とストリッパーの愛の行方を、実話を基に描くラブ・ストーリー。エグゼクティヴ・プロデューサーはデイヴィッド・レスターとドン・ミラー、製作はジル・フリーセンとデイル・ポラック。ブレイズ・スターとヒューイ・ペリーの原作を基に、監督・脚本は「さよならゲーム」のロン・シェルトン、撮影はハスケル・ウェクスラー、音楽はベニー・ウォーレスが担当。出演はポール・ニューマン、ロリータ・デイヴィッドヴィックほか。

「ブレイズ」のストーリー

50年、アメリカのウエスト・バージニアから歌手を目指して家を出たブレイズ・スター(ロリータ・デイヴィッドヴィック)は、ストリッパーとなって59年、ニューオリンズでルイジアナ州知事アール・ロング(ポール・ニューマン)と出会い、ふたりはたちまちのうちに恋におちるが、ロングの参謀たちは渋い顔だ。石油資産家への課税や黒人の参政権を主張するロングの、政敵はこのスキャンダルを大々的にアピールし、ある日、ふたりのベッドインの現場をマスコミに踏み込まれたロングは精神病院に入れられる。これをきっかけにロングはブレイズと別れるが、結局選挙には落選してしまう。そんな失意の日々を送るロングの前にブレイズは再び姿を現わし、彼女はロングの政界復帰のために奔走する。そして連邦下院の開票の日、心臓に爆弾を抱えていたロングは突然倒れ、勝利の知らせを知ることもなくブレイズの腕の中で息を引き取るのだった。

「ブレイズ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ブレイズ」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1989
公開年月日 1990年3月3日
製作会社 A&M・フィルムズ・プロ作品
配給 タッチストーン映画=ワーナー・ブラザース
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ブレイズ」のみんなのレビュー

「ブレイズ」のレビューを書く

「ブレイズ」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/16

アビー・エリオット(1987)

ミュータント・タートルズ(2014)

1990年、コミックを原作に映画化、アニメやゲームも世界中で大ブームを巻き起こした「ミュータント・タートルズ」を「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ製作、「タイタンの逆襲」のジョナサン・リーベスマン監督のもと再映画化。カメでニンジャの4人が、超絶アクションを駆使して犯罪組織に立ち向かう。出演は「ジェニファーズ・ボディ」のミーガン・フォックス、「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・アーネット、「ローン・レンジャー」のウィリアム・フィクトナー、「天使にラブ・ソングを…」のウーピー・ゴールドバーグ。
クリフトン・コリンズ・JR(1970)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 6/16

該当する人物がいません