ブルースを唄う女

ぶるーすをうたうおんな
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「暴君ネロ(1932)」「三角の月」のクローデット・コルベールが主演する映画でグレイス・パーキンスの原作を「異国の母」のレイノーア・コッフィーと「シナラ」のリン・スターリングが共同脚色し、「419号室の女」「真夜の怪紳士」と同じくアレクサンダー・ホールとジョージ・サムンズが共同監督し、「暴風と処女」のカール・ストラッスが撮影している。助演者は「肉体」のリカルド・コルテス、「お仰いましたわネ」のデビィッド・マナース、「三角の月」のリダ・ロバーティ、「坊やはお休み」のベビイ・レロイ、チャーリー・グレイプウィン、アルバート・コンティなどである。

「ブルースを唄う女」のストーリー

コーラス・ガールのサリイ・トレントは富豪の息子マイケル・ガードナアと恋仲であったが男は彼女を捨てて中国へ旅行に出発してしまった。サリイは金もなく友もなく、やがては母となる身をニューヨークの慈善病院に運んだ。彼女はその病院でドーラという女と友達になり、ドーラはその後1年サリイと赤ん坊の世話をしてやったが、ドーラが失業して西部から来た男と結婚してニューヨークを去ったので、サリイは子供を抱えて寄りべなき身となった。やむなく彼女は赤ん坊をマイケルの実家に引き取ってもらうように交渉したが剣もホロロに追払われて、仕方なく慈善病院の手を経て、今後母としての一切の権利を放棄する約束で手離してしまった。彼女は唄女としてキャバレーに働く決心をした。辛い歳月が過ぎた。彼女は名もミミ・ベントンと改めてブルースの唄女としてブロードウェイの人気を一身に背負うように出世した。彼女の周囲には彼女の関心を得ようとする男たちが集まって来た。その中にラジオ界の大立物トニイ・カミングスがあった。彼は恋の唄を唄うミミにラジオで子守歌を唄わせようとした。この突飛な申し出は彼女の悪戯心を刺激して、ミミは子守歌を放送した。ところがこれが大変な成功で、彼女の許へ多くの子供たちの感謝の手紙が山のように届けられた。その中にサリイとおぼつかない手で署名された手紙があった。ミミの体に眠っていた母性愛がこの名前を見たとき、呼び覚まされた。彼女はもしも自分の子ではないかとこのサリイを訪れて見たが、これは似ても似つかぬ黒人の子供であった。しかし彼女は懸念せず、あらゆる手段をつくして我が子サリイの発見に努力したが、すべて水の泡に帰して自暴自棄となり、酒に悲しみを忘れようとする。そこへ、子供の父たるマイケルが帰って来て、子供の生まれたことを知り、ミミの許を訪れたが、ミミは憤慨してさんざんに彼の無情を罵った。翌日ミミは子供のサリイが発見されたとも報を受取り、トニイに伴われてその番地を訪れた。それはマイケルの邸だった。彼は自分の過ちを謝し、発見したサリイを彼女の腕に抱かせた。かくてミミに初めて幸福が訪れた。トニイは彼女の幸福を見て我が恋をあきらめて去った。

「ブルースを唄う女」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ブルースを唄う女」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「ブルースを唄う女」のみんなのレビュー

「ブルースを唄う女」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/21

永田雅一(1906)

地獄門 デジタル復元版

第7回カンヌ国際映画祭グランプリ、第27回アカデミー賞最優秀外国語映画賞、衣装デザイン賞を受賞した大映の第一回天然色映画「地獄門」のデジタル復元版。撮影助手として本作に関わった森田富士郎氏の監修の元、オリジナル・ネガより三色分解したマスター・ポジなどを素材に当時の色彩を復元している。東京国立近代美術館・フィルムセンターと角川映画の共同事業。2011年5月2日NHK・BSプレミアムで放映。2012年4月28日、東京・京橋フィルムセンターにて特別上映。

日蓮

古代王朝から新興武士へと政権が移りつつあった承久四年(一二二二年)に生まれた日蓮の、言語を絶する迫害をはねのけての布教活動の生涯を描く。原作は川口松太郎、脚本監督は、「遺書 白い少女」の中村登、撮影は「俺は田舎のプレスリー」の竹村博がそれぞれ担当している。
神尾楓珠(1999)

親密な他人

彼女が好きなものは

浅原ナオトの小説『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』を映画化。ゲイであることを隠しながら高校生活を送る安藤純と、BL好きを隠しているクラスメイトの三浦紗枝。書店で鉢合わせたことから急接近する2人だったが、ある日、純は紗枝から告白され……。出演は「私がモテてどうすんだ」の神尾楓珠、「ジオラマボーイ・パノラマガール」の山田杏奈。監督は「にがくてあまい」の草野翔吾。

NEW今日命日の映画人 1/21

セシル・B・デミル(1959)

クレオパトラ(1934)

セシル・B・デミルが「新世紀」「恐怖の四人」に次いで監督製作した映画で、「喇叭は響く」「恐怖の四人」の脚色者バートレット・コーマックが史実に取材して組立てた物語で「路傍」「夜毎来る女」のヴィンセント・ローレンスと「坊やはお休み」「暴君ネロ(1932)」のウォルデマー・ヤングが共同脚色したもの。主役は「暴君ネロ(1932)」「或夜の出来事」のクローデット・コルベールが勤め、「一日だけの淑女」のウォーレン・ウィリアム、英国劇壇から招聘されたヘンリー・ウィルコクスンが共演するほか、「絢爛たる殺人」のガートルード・マイケル、「薫る河風」のジョセフ・シルドクラウト「クリスチナ女王」のアイアン・キース及びC・オーブリー・スミス、「妾は天使じゃない」のアーヴィング・ピチェル等が助演している。撮影は「生活の設計」「恋の凱歌」のヴィクター・ミルナーの担当である。

十戒(1957)

1923年、今回と同様セシル・B・デミルが監督した「十誡(1923)」の再映画化で、製作費1350万ドルを費やしたというスペクタクル宗教史劇、イーニアス・マッケンジー、ジェン・L・ラスキー・ジュニア、ジャック・ガリス、フレドリック・M・フランクの4人が脚本を書き、「胸に輝く星」のロイヤル・グリグスが撮影監督をつとめた。特殊撮影を受け持ったジョン・P・フルトンは1957年度アカデミー賞を受賞した。音楽は「最前線」のエルマー・バーンスタイン。主演は「三人のあらくれ者」のチャールトン・ヘストン、アン・バクスター、「追想」のユル・ブリンナー、「地獄の埠頭」のエドワード・G・ロビンソン、「勇者カイヤム」のデブラ・パジェット、そのほか「裸の天使」のジョン・デレク、「重役室」のニナ・フォック、「南部の反逆者」のイヴォンヌ・デ・カーロ、「放浪の王者(1956)」のサー・セドリック・ハードウィック、「サヨナラ」のマーサ・スコット。231分版もあり。