いとしの我児

いとしのわがこ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「ペンロッド」「子供の世界」等を書いたブース・ターキントン氏が特に書き卸した物語で,ホープ・ロアリング嬢とルイス・D・ライトン氏が脚色し、「子供の世界」「迫詰められて」等と同じくウィリアム・ボーディン氏が監督したもの。主役は「子供の世界」に出演してファースト・ナショナルのスターになった子役のベン・アレクサンダー君で、「信号塔」のロックリフ・フェローズ氏、「奔流恋を乗せて」のアイリーン・リッチ嬢、「魂は帰り行く」のヘンリー・B・ウォルソール氏等が共演している。

「いとしの我児」のストーリー

街の代表的人物ウィリアム・ラディマーは、9才になる我が児ビルの子供らしい無邪気さを許さず,極端に厳格に扱って,それが教育であると信じていた。そのためビルは我が家を飛び出したが、三人の悪人に誘拐されたのを、メイソン医師に救われた。しかし父はビルが家出した事を何としても許さなかった。遂に母は余りの父の頑固が愛児の将来を傷つけるのを恐れてビルを連れて他所へ間借りして暮らすことになる。メイソン医師とビルとは仲の善い友達となり、ビルは医師を父のようにさえ思い始めた。妻と子供が家を出たのち、初めてラディマーは自分に温かい心がないことが判り、彼らのない生活が寂しく惨めな事を悟って、帰って来るように頼む。母は帰るか帰らぬかをビルの一存にまかした。今まで冷たい父ではあったが、ビルは父の許に帰る事が二人の義務であると考えた。二人の帰宅を喜び迎えた父は、昔とはすっかり変わった優しい父であった。その後子供達と一緒になって遊び戯れている謹厳な彼の姿が町の人々を驚かせたのであった。批評ー少年時代を描いた優れた作品。率直に組み立てられ、人間的で同情ある扱いのうちに見るものを抱擁してしまう。一流館向きの良い映画である。(ニウス誌ローレンス・リード氏)

「いとしの我児」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「いとしの我児」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1923
製作会社 ファースト・ナショナル映画
配給 ファースト・ナショナル
レイティング

「いとしの我児」のみんなのレビュー

「いとしの我児」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/14

ピーター・カパルディ(1958)

パディントン

世界40ヶ国語以上に翻訳される英作家マイケル・ボンドのロングセラー児童小説シリーズ、初の実写映画化。南米ペルーの奥地からイギリスのロンドンへやってきた紳士的なくまのパディントンの冒険をCGIやアニマトロニクスを用い描く。監督はコメディドラマ『マイティ・ブーシュ』を手がけたポール・キング。脚本には「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」のハーミッシュ・マッコールも参加している。パディントンの声を「007 スカイフォール」のベン・ウィショーが担当。ほか、「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマンがパディントンを狙う謎の女を演じる。

赤ずきんの森(2006)

暗く広大な森で少女が体験した怪奇と幻想を描くメルヘンスリラー。16歳で出産し、周囲の大人たちに子供を取り上げられてしまったケリーは、友人と出掛けた森で大木に抱かれる赤ちゃんを見つけ出す。“マクザム バリュー・コレクション 第三弾”。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:クレイグ・スタラチェン 製作:ロス・ボーランド 編集:コリン・モニー スペシャルエフェクツ:ボブ・キーン 出演:マーティン・コンプストン/ピーター・カパルディ/サマンサ・シールズ/ケヴィン・クイン
ジーナ・マッキー(1961)

ファントム・スレッド

「リンカーン」などで3度のアカデミー賞主演男優賞に輝いたダニエル・デイ・=ルイス主演のラブストーリー。1950年代のロンドン。ファッションの中心的存在として脚光を浴びるオートクチュールの仕立屋レイノルズは、若いウェイトレス、アルマと出会う。監督・脚本は、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン。出演は、「マルクス・エンゲルス」のヴィッキー・クリープス、「ターナー、光に愛を求めて」のレスリー・マンヴィル。音楽は、「インヒアレント・ヴァイス」のジョニー・グリーンウッド。第75回ゴールデングローブ賞2部門ノミネート。第90回アカデミー賞で作品賞を含む6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞。

ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して

「クリスマス・ストーリー」のアルノー・デプレシャンが、実話を基にアメリカで撮影したヒューマンドラマ。心に傷を負ったネイティブアメリカンとフランス人精神分析医の親交が導く静かな奇跡を描く。出演は「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳別れの手紙」のベニチオ・デル・トロ、「さすらいの女神(ディーバ)たち」のマチュー・アマルリック、「ひかりのまち」のジーナ・マッキー。

NEW今日命日の映画人 4/14

該当する人物がいません


「いとしの我児」を観ているあなたにおすすめの映画