愛しのシバよ帰れ

いとしのしばよかえれ Come Back, Little Sheba
上映日
1953年9月20日

製作国
アメリカ

上映時間
99分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

ウィリアム・インジの舞台劇の映画化で、「底抜け落下傘舞台」のハル・B・ウォリスが製作にあたった1952年作品。脚色はケッティ・フリングス、監督は舞台の演出を担当したダニエル・マンである。撮影は「その男を逃すな」のジェイムス・ウォン・ハウ、作曲はフランツ・ワックスマン。主演は舞台と同じシャーリー・ブース(52年アカデミー主演女優賞獲得)と、「真紅の盗賊」のバート・ランカスターで、テリー・ムーア(「猿人ジョー・ヤング」)、リチャード・ジャッケル「暴力帝国」、フィリップ・オーバー、リザ・ゴルム、ウォルター・ケリーらが助演する。

みんなのレビュー

「愛しのシバよ帰れ」のストーリー

アメリカ中西部のある都市に指圧療法をして暮らしているドン・デレーニー(バート・ランカスター)という男がいた。妻のローラ(シャーリー・ブース)とは恋愛結婚だが、子供ができたため急いで結婚させられたので、ドンは医学を途中で放棄し、学位が取れなかった。指圧療法になったのもそれ故であり、子供も死んで生まれ、彼は一時アルコール中毒になったが、一年前から禁酒同盟に入って更生を誓っていた。ある朝、女学生マリー(テリー・ムーア)が彼の家を訪れた。ローラが学校に頼んで部屋を貸すことにしたのだ。若々しく明るいマリーの姿は、ローラに青春の夢を追わせた。それにローラは、以前可愛がっていた子犬のシバが行方不明になって以来、いつもシバが帰って来ないかと思い、はかない昔の想い出を追っていた。マリーにはターク(リチャード・ジャッケル)というボーイフレンドがいた。同じ学校の槍投げの選手で、画を学んでいるマリーは、彼をモデルに競技会のポスターを描こうとした。ドンはマリーをあくまでも清純な少女だと思っていたので、パンツ一枚の男と一緒に彼女がいることを快く思わなかった。そして、ある日、彼女が夜遅くタークを自分の部屋に入れた現場を見つけたドンは、マリーに託した夢を破られて絶望的な気持ちになった。だがマリーはその夜、肉体を強要するタークを斥け、彼を追い返したのだ。翌朝、ドンはひそかにウィスキーの瓶を持ち出して勤めに出た。その日はマリーの婚約者ブルースの訪れる日で、ローラは自分のことのようにはしゃいで晩餐の仕度をした。しかしその晩餐にドンは姿を現さなかった。ローラはウィスキーがなくなっていることを見つけて驚いた。悲しみを隠してマリーとブルースを旅に送り出したローラは、ドンの消息を気づかったが見当がつかない。夜半過ぎてドンは酔っぱらって戻って来た。ローラは彼を責めたが、ドンは逆にローラのだらしなさをののしり、彼女に危害さえ加えようとした。そこへ禁酒同盟の人たちが駆けつけ、ドンは病院へ送られた。ローラはしばらく自分の至らないところに気づいた。はかない昔の夢を追うばかりで現在の生活を築いていくことを少しも考えなかったのだ。一週間後、退院して来たドンはローラに自分の過ちを詫びたが、ローラもまた、もう帰らぬシバのことは言わないと言って、明るい笑顔を見せた。

「愛しのシバよ帰れ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「愛しのシバよ帰れ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1952
公開年月日 1953年9月20日
上映時間 99分
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント映画会社
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード
音量 モノラル

「愛しのシバよ帰れ」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません