偽りの花園

いつわりのはなぞの
上映日
1954年8月

製作国
アメリカ

上映時間
116分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「黄昏(1951)」のウィリアム・ワイラーが、製作者サミュエル・ゴールドウィン(「アンデルセン物語」)のもとで、「西部の男」について1941年に監督した悪女ドラマ。原作はリリアン・ヘルマン作の舞台劇で映画のための脚色も彼女が行い、「氷上の花」のアーサー・コーバー、ドロシー・パーカー、「運命の饗宴」のアラン・キャンベルの3人が台詞を追加している。撮影監督は「ダニー・ケイの牛乳屋」のグレッグ・トーランド、音楽メレディス・ウィルソン。「イヴの総て」のベティ・デイヴィス、「クーパーの花婿物語」のテレサ・ライト、「女海賊アン」のハーバート・マーシャルが主演し、ほかに「青いヴェール」のリチャード・カールソン、「クーパーの花婿物語」のパトリシア・コリンジ、「雷鳴の湾」のダン・デュリエ、「真紅の女」のチャールズ・ディングル、「激情の断崖」のカール・ベントン・リード、ジェシー・グレイスンなどが出演する。

「偽りの花園」のストーリー

20世紀初頭、米国南部の小さな町。富裕な銀行主ホレイス・ギデンス(ハーバート・マーシャル)はながく心臓を患いボルティモアで入院療養中だった。妻レジナ(ベティ・デイヴィス)は夫を見舞いもせぬ冷たい性格の女、近くに住むレジナの兄ベンとオスカーは儲かることなら何でもしかねぬ連中で、南部の安い労働賃金を餌に東部商人と結び、この町に綿工場を建設しようと画策していた。この計画に出資を勧誘されたレジナは、投資負担額7万5千ドルを夫から出させようと、娘アレグザンドラ(テレサ・ライト)をボルティモアにやって夫を連れ帰らせた。衰弱の烈しい身で帰ってきたホレイスは悪らつなレジナの兄たちを嫌って出資を拒んだ。オスカーはギデンス家の財産目当てに息子のリオをアレグザンドラと結婚させたく思い、利害を共にするレジナも反対しかねていたが、アレグザンドラには新聞記者デイヴィッド・ヒュウィットという恋人がいた。ホレイスの銀行に勤めるリオから、銀行の金庫にホレイスが9万ドルの債券をしまいこんだままになっているときいたオスカーは、リオを使ってそのうち7万5千ドルを盗み出させた。ある日、金庫に入れておいた遺言状を直そうとして銀行に行き、債券の紛失を知ったホレイスはすべてを察した。そしてレジナに遺産は全部アレグザンドラにゆずるように遺言状を直すと言い渡した直後、はげしい発作に襲われた。ホレイスは、2階から鎮静剤をとってきてくれとレジナにたのんだが、彼女は黙殺した。ホレイスが自分でとりに行こうとして階段の上で昏倒したとき、レジナははじめて大声をあげて人を呼び手当てをした。が、ホレイスはそのまま死んで行った。彼が死ぬと、レジナはすぐ兄たちに債券を盗んだことを非難し、それをたてに暴利をむさぼろうとした。そんな母の態度を見て、アレグザンドラの清純な心は耐えられなかった。彼女は母をすててデイヴィッドの許にはしった。窓のかげから彼女を見送るレジナの眼には、子供からさえも背かれた、寂しい涙が浮んでいた。

「偽りの花園」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「偽りの花園」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1941
公開年月日 1954年8月
上映時間 116分
製作会社 S・ゴールドウィン映画
配給 大映洋画部

「偽りの花園」のみんなのレビュー

「偽りの花園」のレビューを書く

「偽りの花園」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/27

ジャリール・ホワイト(1976)

キャメロット(1998)

英国で語り継がれてきた『アーサー王伝説』を、ひとりの少女を主人公に再現したドラマティック・アニメーション。ベラ・チャップマン著『The King's Damosel』をもとに、ワーナー・ブラザース・フィーチャー・アニメーションが製作する初の劇場用長編アニメ映画。原案はTVでも活躍するデイヴィッド・サイドラーとジャクリーン・フェザー。製作は「顔のない天使」のダリサ・クーパー・コーエン。音楽は「ハムレット」のパトリック・ドイルで、過去にグラミー賞を14回獲得しているデイヴィッド・フォスターが楽曲を提供。声の出演は「ジャックナイフ」のジェサリン・ギルシグ、「ツイスター」のケーリー・エルウェス、「フィフス・エレメント」のゲイリー・オールドマン、「トゥモロー・ネバー・ダイ」のピアース・ブロスナンほか。また、ケーリーの歌唱部分は「ザ・コミットメンツ」「エビータ」に出演したアンドレア・コーが、ギャレットの歌唱部分は数多くのプラチナ・ディスクを持つカントリー・ミュージックの大スター、ブライアン・ホワイトが担当した。
キャスリン・ビグロー(1951)

デトロイト

「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグローが、1967年暴動発生時のデトロイトで実際に起きた事件を映画化。暴動発生から2日目の夜、銃声の通報があったモーテルに警察が乗り込む。何人かの警官が捜査手順を無視し、宿泊客に不当な尋問を始める。出演は、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のジョン・ボイエガ、「レヴェナント 蘇えりし者」のウィル・ポールター、「トランスフォーマー ロストエイジ」のジャック・レイナー、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のアンソニー・マッキー。

カルテル・ランド

「ハート・ロッカー」の監督キャスリン・ビグローが製作総指揮を執ったドキュメンタリー。麻薬カルテルが蔓延るメキシコで、一人の外科医が市民による自警団を結成する。彼らはギャングたちを追い詰めていくが、やがて組織は思わぬ方向へ暴走する。2015年サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門最優秀撮影賞・最優秀監督賞W受賞。第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート。

NEW今日命日の映画人 11/27

該当する人物がいません


「偽りの花園」を観ているあなたにおすすめの映画