いつも一緒にいてほしい

いつもいっしょにいてほしい
上映日
1990年4月7日

製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

意中の彼女を射止めるため女装して女子寮に乗り込んだ大学生の珍騒動を描くコメデイ。製作はジャスト・ベッザーとベニー・コルゼン、監督は「カーニー」のパート・カイラー、脚本はアニー・コルゼン、ジョエル・ブラックの共同、撮影はクラウス・ルーフが担当。出演はチャド・ロウほか。

「いつも一緒にいてほしい」のストーリー

スティーブン・パーカー(チャド・ロウ)は大学に入学早々テニス部のシェリー・アンダーソン(ゲイル・オーグラディ)に一目惚れ。しかし彼女には既にBF、グラッドがいた。そこで一計を案じたスティーブンの友人アンディのアイデアで、スティーブンは女装して名前もステファニーと変え、テニス部に入部、シェリーのパートナーとして女子寮で同じ部晶に住むことになる。夢のような日々が訪れるが、いかんせんスティーブンとステファニーの1人2役は荷が重く、ピンチの連続、身体検査では服を脱がされそうになる。が、女同士としてシェリーの悩みを聞きながら、ステファニーを通じてさりげなくスティーブンをアピールすることも忘れなかった。そしてステファニーの存在が無用になったかと思われた頃、ついにシェリーにその正体がバレてしまい、それまで築いてきたものはパーに。そして試験シーズン。1人2役の結果カンニングの疑いをかけられ泣き面に蜂、が、アンディの活躍で危うく難を脱したスティーブンの前に、シェリーからテニス・トーナメントでダブルスを組まないかとの誘い。大会当日、もはやしこりの消えた2人は見事優勝を決め、固く抱き合うのだった。

「いつも一緒にいてほしい」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「いつも一緒にいてほしい」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1989
公開年月日 1990年4月7日
製作会社 パノラマ・フィルム/ジャスト・ベッザープロ
配給 松竹富士
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「いつも一緒にいてほしい」のみんなのレビュー

「いつも一緒にいてほしい」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/16

デヴィッド・ボレアナズ(1969)

オフィサー・ダウン

『ブレイド』のスティーヴン・ドーフと「プリズン・ブレイク」シリーズのドミニク・パーセル共演によるポリスアクション。汚れた過去を背負う刑事が失った正義を取り戻すため、警察に渦巻く陰謀に巻き込まれながらも裏社会を牛耳る巨悪に挑む姿を描く。【スタッフ&キャスト】監督:ブライアン・A・ミラー 脚本:ジョン・チェイス 製作:ジェフ・ライス 撮影:ライアン・サマル 出演:スティーヴン・ドーフ/ドミニク・パーセル/ジェームズ・ウッズ/デヴィッド・ボレアナズ

クロウ 真・飛翔伝説

ジェームズ・オバーの原作を元に描いたダークヒーローアクション「クロウ」シリーズ最新作。悪魔を崇拝するギャング集団に恋人・リリーと共に殺されてしまったジミー。カラスの力で甦った彼は、ギャング集団のボス・ルークへの復讐を果たす。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ランス・マンギア 脚本:ショーン・フッド 製作:ジェフ・モスト 撮影:ダリウス・ウォルスキー 出演:エドワード・ファーロング/エマニュエル・シュリーキー/デヴィッド・ボレアナズ/タラ・リード
チュ・ジフン(1982)

暗数殺人

「1987、ある闘いの真実」のキム・ユンソク主演による、実際の連続殺人事件をモチーフにしたサスペンス。ある日、別件で収監されていた男から7人を殺害したとの告白を受けた刑事キム・ヒョンミンは、捜査を続行。やがて証言どおり白骨化した遺体を発見する。共演は「神と共に」シリーズのチュ・ジフン、「エクストリーム・ジョブ」のチン・ソンギュ。

工作 黒金星(ブラック・ビーナス)と呼ばれた男

釜日映画賞最優秀作品賞をはじめ韓国の映画賞を総なめした、事実に基づく歴史ドラマ。1992年、北朝鮮の核開発の実態調査のため、軍人のパクは工作員として北に潜入せよと命じられる。3年の工作活動の末、対外交渉の責任者であるリ所長に接触するが……。出演は、「哭声/コクソン」のファン・ジョンミン、「リアル」のイ・ソンミン、「お嬢さん」のチョ・ジヌン、「背徳の王宮」のチュ・ジフン。監督は、「群盗」のユン・ジョンビン。第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニング公式招待作品。

NEW今日命日の映画人 5/16

該当する人物がいません


「いつも一緒にいてほしい」を観ているあなたにおすすめの映画