4Dマン

ふぉーでぃーまん
上映日
1963年12月14日

製作国
アメリカ

上映時間
85分

ジャンル
SF ドラマ

ここが見どころ

厚いブロックや鋼鉄の壁をつき通す、どこにも障害物がない4次元の世界を扱ったSFドラマ。「パラダイス」のジャック・H・ハリスが製作、アービン・S・イヤワース・ジュニアが監督をセオドア・J・ファールが撮影、特殊撮影とバート・スローンがそれぞれ担当した。出演者は「4Dマン」をロバート・ランシングが、ミス・アメリカで「ダイヤルMを廻せ!」のリー・メリウェザー、「奇跡の人(1962)」のパティ・デューク、演劇界からジェームズ・コングドンなど。

「4Dマン」のストーリー

物理学者トニー(ジェームズ・コングドン)と、兄の科学者スコット(ロバート・ランシンググ)は共同研究することにした。ある晩、トニーはある信じ難い新しい方法を発見した。それは自分の腕がどんな物体でもつき通すのである。スコットの助手でフィアンセのリンダ(リー・メリウェザー)は一緒に仕事をしていくうちトニーに心変わりしており、助手のロイが自分の研究資料を盗もうとするのを知ったスコットは物体をつき通す実験で彼を殺した。スコットは神秘的な力を身につけ、証拠を残さず銀行を襲うことにも成功した。しかしその実験の副作用“老化”を感じ、心を憎しみに歪ませていった。彼は、狂気の殺人と身の毛もよだつ発作に他人を殺してはそこに小さな安らぎをみた。もはやどんな牢獄も彼を捕まえておくことは出来ないと知ったリンダは、スコットの愛の残り火を利用することを決心した。この美しい少女に心をとらわれていたスコットは、彼女に接吻する時、その生命を奪ういまわしい力を使うことができなかった。リンダは、自分に近づいてくる彼にむせびながら銃口を向けた。彼の死体は恐ろしいほど年をとっていた。リンダとトニーはその愛の生活の道が開けているのを複雑な気持ちで悟った。

「4Dマン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「4Dマン」のスペック

基本情報
ジャンル SF ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1959
公開年月日 1963年12月14日
上映時間 85分
製作会社 フェアービュー・プロ映画
配給 昭映フィルム
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「4Dマン」のみんなのレビュー

「4Dマン」のレビューを書く

「4Dマン」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/29

ジャック・リヴェット(2016)

アニエスの浜辺

「落穂拾い」のアニエス・ヴァルダ監督による自伝的ドキュメンタリー。生い立ちや家族、友人、思い出の地、亡夫ジャック・ドゥミ、ヌーヴェル・ヴァーグ、ハリウッド等、彼女自身が語り、過去の作品やインタビュー、心象風景を交えながら現在と過去を繋いでいく。出演はアニエス・ヴァルダ、ジャック・ドゥミ、マチュー・ドゥミ、ジャン=リュック・ゴダール、ジェーン・バーキン、カトリーヌ・ドヌーヴ、ハリソン・フォード、ジム・モリソンなど。まもなく81歳になるアニエス・ヴァルダがベルギーの浜辺に立ち、鏡を並べる指示を出している。その鏡には海やアニエス自身、人影等が映りこむ。振り返ると彼女の人生には、いつも浜辺があった。子供時代を過ごしたベルギーの浜辺に始まり、戦火を逃れて疎開した南フランスの港町セート、夫であるジャック・ドゥミと渡ったアメリカ・西海岸……。自身、家族、友人、そして夫について思いを馳せながら続ける旅は、アニエスの個人史であると同時に、第二次世界大戦、戦後、ヌーヴェル・ヴァーグ、フラワーチルドレン、ウーマン・リヴ……、さながら現代史、そしてフランスの芸術史でもあった。

ランジェ公爵夫人

19世紀フランスを代表する作家、バルザックの同名小説を「美しき諍い女」のジャック・リヴェット監督が映画化。パリを舞台に繰り広げられる、貴族階級の女性と無骨な軍人の数奇な運命の恋物語。主演は「恋ごころ」のジャンヌ・パリバールと、ジェラール・ドパルデューの息子で「ポーラX」にも主演したギョーム・ドパルデュー。