ピンク・キャデラック

ぴんくきゃでらっく
上映日
1989年11月11日

製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ アクション
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

逃亡犯追跡の賞金稼ぎがある女を捕えたことで巻き込まれる騒動を描くアクション・コメディ。エグゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・グラスコフ、製作はデイヴィッド・ヴァルデス、監督は「ダーティハリー5」のバディ・ヴァン・ホーン、脚本はジョン・エスコウ、撮影はジャック・N・グリーン、音楽はスティーヴ・ドーフが担当。出演はクリント・イーストウッドほか。

「ピンク・キャデラック」のストーリー

プロの賞金稼ぎトム・ノワック(クリント・イーストウッド)は、ある日ニセ札所持で逮捕され、保釈中の身の上にもかかわらず、生後8カ月の赤ん坊を連れて行方をくらませた人妻ルー・アン・マクグィン(バーナデット・ピータース)を追うことになった。実は彼女の持っていたニセ札というのは、前科者の夫ロイ(ティモシー・カーハート)の所属する狂信的な白人主義組織“純血団〈バース・ライト〉”の援助資金として密造していたもので、ルー・アンは、当局から組織の1人とみなされ、さらに紙幣偽造の汚名をきせられたことで、腹をたててロイの愛車ピンク・キャデラックに飛び乗り、離婚裁判で有名なネバダ州リノにやって来たのだった。しかしその車のトランクの中には、組織が用意した本物の4万ドルが隠されていたのである。それをニセ札と思い込んでいるルー・アンは、リノで大もうけしようとするが、金を使う前にトミーに捕まってしまう。しかしそんな2人を追う純血団のリーダー、アレックス(マイケル・デス・パレス)とその補佐役のウェークロス(ジョン・デニス・ジョンストン)は、彼女の赤ん坊を誘拐し、金を返すように脅迫するのだった。いつのまにかお互いに好意を抱くようになっていたトミーとルー・アンは、純血団のアジトに乗り込み、激しい銃撃戦の末に組織を壊滅、赤ん坊を奪回することにも成功を収め、そして2人は愛を実らせるのだった。

「ピンク・キャデラック」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ピンク・キャデラック」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ アクション
製作国 アメリカ
製作年 1989
公開年月日 1989年11月11日
製作会社 マルバン・プロ作品
配給 ワーナー・プラザース
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ピンク・キャデラック」のみんなのレビュー