偉大なる人生

いだいなるじんせい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「女性に捧ぐ」「曳かれゆく男」のアン・ハーディングが主演する20世紀映画社作品で監督は「六百万交響楽」と同じくグレゴリー・ラ・カヴァである。ギルバート・エメリーとダグラス・Z・ドーティーとが協力して書き下ろしたオリジナル・ストーリーを「トム・ソーヤーの冒険(1930)」と同じくサム・ミンツが脚色している。主役を助けて重要な役を勤めて出演するのは「六月十三日の夜」「深夜の紳士」のクレイヴ・ブルック、「相寄る魂」のオットー・クルーガー、それからイタリアの古参の俳優たるチュリオ・カルミナチとこの3人であるが、なおその他「ブロンド・ヴィナス」の子役ディッキー・ムーア、「女秘書の秘密」のベティー・ローフォード、ジャネット・ビーチャー、等も顔を見せている。

「偉大なる人生」のストーリー

サリー・ウィンダムはその恋人が大西洋横断飛行を試みて墜死した時には全く途方にくれた。彼女は良家の娘でそれが家を捨てて恋人のもとに走ったのであるからいまさら家へも帰れず、その上に彼女は近く母になる身であった。この彼女の窮状を救ったのがダン・プリチャードであった。ダンは腕のある外科医であたが患者の苦痛を和らげるために取った彼の処置が法に触れて刑に服して以来、身を酒に持ち崩していたのである。ダンはサリーを身2つにさせると同時に彼の友達のフィリップ・ロウレンスに生まれた子供を養子にやらせる様にした。それから彼はサリーを知り合いの室内装飾家マリアのところで働かせることにした。が、そうしている内にダンはサリーを見てから発奮することとなり今度は獣医として身を立てることになった。そして彼はサリーに人知れず恋心を抱く様になったのであるが、サリーはマリアが彼を恋してるのを知って、2人の間を取り持つために自ら進んで商用でイタリアへ2人を残して去って行った。イタリアへ行ったのは礼拝堂の注文に行ったのであるがここで彼女は伯爵マリオから熱烈に恋される身となった。が、彼女はパリで思いがけぬ人にめぐり会った。それはロウレンスに養子にやった我が子ディーディの成長した姿である。で、サリーには再び母の情が甦り、ディーディがニューヨークへ帰る時には彼の船に彼女も同船して彼の傍らを一意離れぬことを願った。一方、伯爵マリオもサリーを追ってこの船に乗ったのであるが、彼はサリーの注意が常にディーディの上にあるのでさすがに消沈した。ニューヨークへ着いてからサリーはフィリップが妻を失って後妻に金持ちのシンシアを迎え様としていること、そしてこのシンシアというのが性質がよくない女であることを知り、どうにかしてシンシアを押し退けて自らがフィリップの妻となり、愛子ディーディを守ろうと考えた。そうした時に相談を受けるのが何時もダンであった。するとダンは自らの恋心を隠して、サリーのために色々と忠言したり、行くべき道を教えたりするのであった。が、そうしているうちに、ディーディを間にして、子供に対する愛がサリーとフィリップとを結び付ける様になった。そして2人の間に次第に本当の恋が芽生えて来た。それにシンシアが2人の間を疑ってフィリップとサリーとを罵ったこと彼、フィリップはシンシアと婚約を取り消したので、いよいよ2人は結び着くことになった。これを傍らで眺めて1人苦い酒を飲んだのはダンである。彼はサリーに、愛子の将来のためとうとうフィリップと結婚するとも決して彼にはディーディが己の本当の子であることを告白するな、と言いおいて自らはまた漂浪の旅に出ていった。で、サリーはディーディの「母」としてフィリップの家へ迎えられていったのである。

「偉大なる人生」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「偉大なる人生」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 ユナイテッド・アーチスツ映画
レイティング

「偉大なる人生」のみんなのレビュー

「偉大なる人生」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。