ロボットガールズZ

ろぼっとがーるぜっと
上映日
2014年5月31日

製作国
日本

上映時間
63分

ジャンル
コメディ アクション

ここが見どころ

永井豪原作の『マジンガー』シリーズを美少女キャラ化したアニメを劇場公開。東映チャンネルで放送された第1~9話に、Blu-ray&DVD用に制作された新作などを加え上映。声の出演は『日常』の本多真梨子、『恋愛ラボ』の水瀬いのり、『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!』の荒浪和沙、「宇宙戦艦ヤマト2199」シリーズの久川綾。

「ロボットガールズZ」のストーリー

東京都練馬区大泉学園光子力町の駅前で、安くて安心・未来のエネルギー“光子力”を宣伝しようと、ロボットガールズのZちゃん(声:本多真梨子)、グレちゃん(声:水瀬いのり)、グレンダさん(声:荒浪和沙)が道行く人々にチラシを配っている。さっぱり成果の上がらない研究に政府からの援助も打ち切られ、光子力研究所の財政は火の車なのだ。そんな中、まったくやる気のない3人娘のもとに、アルバイトのコンパニオンたちがやってくる。だがその姿はどう見てもあやしい。長いツインテールが特徴のガラダK7(声:森下由樹子)と、手にはめたふたつのぬいぐるみの会話でしか喋らないダブラスM2(声:東山奈央)。すぐにガラダたちが光子力販売の邪魔をしに来たことがバレて、あっという間に戦闘モード、公衆の面前でバトルが始まった……。

「ロボットガールズZ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ロボットガールズZ」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ アクション
製作国 日本
製作年 2014
公開年月日 2014年5月31日
上映時間 63分
製作会社 東映アニメーション=東映ビデオ=東映チャンネル(制作協力 LandQstudio's/アニメーション制作 東映アニメーション)
配給 東映ビデオ
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://www.robot-girlsz.com/
コピーライト (C)ダイナミック企画・東映アニメーション (C)松本零士・東映アニメーション (C)ロボットガールズ研究所

「ロボットガールズZ」のみんなのレビュー

「ロボットガールズZ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/16

アビー・エリオット(1987)

ミュータント・タートルズ(2014)

1990年、コミックを原作に映画化、アニメやゲームも世界中で大ブームを巻き起こした「ミュータント・タートルズ」を「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ製作、「タイタンの逆襲」のジョナサン・リーベスマン監督のもと再映画化。カメでニンジャの4人が、超絶アクションを駆使して犯罪組織に立ち向かう。出演は「ジェニファーズ・ボディ」のミーガン・フォックス、「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・アーネット、「ローン・レンジャー」のウィリアム・フィクトナー、「天使にラブ・ソングを…」のウーピー・ゴールドバーグ。
クリフトン・コリンズ・JR(1970)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 6/16

該当する人物がいません