プレイガール

ぷれいがーる
上映日
2003年4月12日

製作国
日本

上映時間
85分

ジャンル
アクション エロス
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

警察庁特殊犯罪捜査チーム“プレイガール”の面々の活躍を描いたお色気アクションで、昭和40年代に人気を博したテレビ・シリーズの映画版。監督は「実録・安藤組外伝 餓狼の掟」の梶間俊一。脚本は「ゴジラ×メガギラスG消滅作戦」の柏原寛司。撮影を「やくざの詩 OKITE[掟]」の仙元誠三が担当している。出演は、「模倣犯」の佐藤江梨子、「帰ってきた刑事まつり/はぐれちゃった刑事」の岡元夕紀子、映画初出演の加藤明日美と八幡えつこ、「ちんちろまい」の床嶋佳子ら。16ミリからのブローアップ。

みんなのレビュー

「プレイガール」のストーリー

様々な理由で警察が表立って捜査出来ない重要犯罪解決の為に、極秘に組織された特殊犯罪捜査チーム“PGプライベート・ガバメント”。またの名を“プレイガール”と呼ばれる、遙をリーダーとする5人のメンバー(かおる、由美子、夏美、文)に、新たなミッションが下った。大企業の社長や富豪の子息令嬢ばかりを狙った連続誘拐事件。早速、その捜査に乗り出した5人は、それがかつて遙がロスで共に戦い、愛し合った同僚刑事で、現在は国際犯罪組織を指揮する前島の仕業であることを掴む。彼は、多額の身代金と一緒に日本の人工衛星テクノロジーを盗み出し、海外に売り飛ばそうとしていたのだ。前島の計画を阻止すべく、アジトに乗り込んで行くプレイガールたち。彼女らの活躍によって前島は倒され、事件は無事解決する。

「プレイガール」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「プレイガール」のスペック

基本情報
ジャンル アクション エロス
製作国 日本
製作年 2003
公開年月日 2003年4月12日
上映時間 85分
製作会社 東映ビデオ=東映
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「プレイガール」のみんなのレビュー