• 映画DB トップ
  • 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 7 虹の彼方に

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 7 虹の彼方に

きどうせんしがんだむゆにこーんえぴそーどななにじのかなたに
上映日
2014年5月17日

製作国
日本

上映時間
90分

ジャンル
SF
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「人類資金」などで知られる作家、福井晴敏が『機動戦士ガンダム』の世界観を背景に執筆したSF小説を映像化したアニメーションシリーズ完結編。地球連邦政府転覆の可能性を秘めた“ラプラスの箱”を巡る戦いが決着を迎える。声の出演は『ピンポン THE ANIMATION』の内山昂輝、『機動戦士ガンダム』の池田秀一。

みんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2020年1月27日に投稿
    90
    • 泣ける
    • かっこいい
    • 親子で楽しめそう

    ネタバレ

「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 7 虹の彼方に」のストーリー

地球連邦政府転覆の可能性を秘めた“ラプラスの箱”の在り処が遂に明らかになった。それは、全ての始まりの地であるスペースコロニー、インダストリアル7の巨大宇宙船“メガラニカ”だった。ビスト財団当主代行のマーサ・ビスト・カーバイン(声:塩田朋子)は、財団の権益を保持すべく、地球連邦政府中枢を担う移民問題評議会議長ローナン・マーセナス(声:小川真司)と、甥のアルベルト・ビスト(声:高木渉)を伴ってシャイアン基地に直行、事態の収拾を図ろうとする。一方、バナージ・リンクス(声:内山昂輝)は“ラプラスの箱”を奪取しようと先行したフル・フロンタル(声:池田秀一)を追ってインダストリアル7へ急ぐ。だがその前に、モビルスーツ、バンシィ・ノルンに搭乗したリディ・マーセナス(声:浪川大輔)と、アンジェロ・ザウパー(声:柿原徹也)のローゼン・ズールが立ち塞がる。“ラプラスの箱”の守り人、サイアムが待つメガラニカに到達する者は果たして誰なのか……?

「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 7 虹の彼方に」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 7 虹の彼方に」のスペック

基本情報
ジャンル SF
製作国 日本
製作年 2014
公開年月日 2014年5月17日
上映時間 90分
製作会社 サンライズ
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 不明
カラー/サイズ カラー
音量 不明
コピーライト (C)創通・サンライズ

「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 7 虹の彼方に」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2020年1月27日に投稿
    90
    • 泣ける
    • かっこいい
    • 親子で楽しめそう

    ネタバレ


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?