ドン・ジョン

どんじょん DON JON
上映日
2014年3月15日

製作国
アメリカ

上映時間
90分

ジャンル
コメディ ラブロマンス

ここが見どころ

「LOOPER/ルーパー」を始め、多数の作品で俳優として活躍するジョゼフ・ゴードン=レヴィットが主演・脚本を兼任した初監督作品。ポルノ鑑賞がやめられないプレイボーイの恋模様を、軽快な音楽とユーモアに乗せて描く。共演は「幸せへのキセキ」のスカーレット・ヨハンソン、「メイジーの瞳」のジュリアン・ムーア。

「ドン・ジョン」のストーリー

鍛えられた身体に甘いルックス、車も部屋も洒落込み、趣味はジムでのトレーニング。家族を大切にして、週末は教会へ。完璧男のジョン・マテーロ(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)は、毎晩異なる美女を“お持ち帰り”するプレイボーイ。そんな彼を、遊び仲間のボビー(ロブ・ブラウン)とダニー(ジェレミー・ルーク)は“ドン・ジョン”と呼んでいた。だが、相手にも完璧を求めるジョンは、自分好みの女性、理想のセックスを求めて女性との関係を繰り返すものの、どうしても満足できない。彼の理想は、パソコンで見ているポルノのようなセックスだったのだ。ポルノ鑑賞は止まらず、毎週末、教会で“婚前交渉”と“自慰”を懺悔する日々。教会の後には実家で家族と食事。父のジョンSr.(トニー・ダンザ)とはいつも張り合う似た者同士。父子のケンカを仲裁する理想家の母アンジェラ(グレン・ヘドリー)は、息子に素敵な恋人ができることを望んでいた。家族に無関心な妹モニカ(ブリー・ラーソン)は、スマホが手放せない。そんなある日、ジョンはクラブで出会った美女バーバラ(スカーレット・ヨハンソン)に一目惚れ。しかし、家庭的で堅実、恋に恋するタイプの彼女は、ジョンとは正反対。“この世で一番美しい女性”とのセックスのために、尽くし、我慢し、奮闘するジョン。そして訪れた待望のひと時。しかし、それもポルノには敵わなかった。寝ている間、こっそりポルノサイトにアクセスしていたところ、運悪く起きてきた彼女に見つかってしまう。何とか関係は修復できたかに見えたが、その後もポルノの鑑賞頻度が上がる一方。ある日、夜学の授業の合間にポルノを見ていた彼に、年上の女性エスター(ジュリアン・ムーア)が話しかけてくる。気取らない性格の彼女は、ポルノ鑑賞についても遠慮がない。嫌な部分に踏み込んでくるエスターを煙たがるジョンだったが、この出会いが彼に大きな影響を及ぼすことに……。

「ドン・ジョン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ドン・ジョン」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 2013
公開年月日 2014年3月15日
上映時間 90分
製作会社 Voltage Pictures=HitRecord Films=Ram Bergman Productions
配給 KADOKAWA
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 ドルビーSRD
コピーライト (C)2013 Don Jon Nevada, LLC. All Rights Reserved.

「ドン・ジョン」のみんなのレビュー

「ドン・ジョン」のレビューを書く

「ドン・ジョン」の多彩なBlu-ray/DVD