魔女の宅急便(2014)

まじょのたっきゅうびん
上映日
2014年3月1日

製作国
日本

上映時間
108分

ジャンル
ファンタジー

ここが見どころ

1985年に第一作目が刊行されて以来愛され続け、1989年には宮崎駿監督によりアニメ映画化、1990年代には蜷川幸雄演出でミュージカル化もされた角野栄子の同名児童文学を実写映画化。一人前の魔女となるために親元を離れた少女が、見知らぬ町でいろんな人と出会いながら成長していく。監督は「呪怨」の清水崇。脚本は清水監督と「おおかみこどもの雨と雪」の奥寺佐渡子が手がけている。魔女修行のために旅に出る少女をテレビドラマ『息もできない夏』の小芝風花が、少女が居候するパン屋のおかみを「そして父になる」の尾野真千子が、少女の両親を「たそがれ清兵衛」の宮沢りえと「遺体 明日への十日間」の筒井道隆が演じている。
1985年に第一作目が刊行されて以来愛され続け、1989年には宮崎駿監督によりアニメ映画化、1990年代には蜷川幸雄演出でミュージカル化もされた角野栄子の同名児童文学を実写映画化。一人前の魔女となるために親元を離れた少女が、見知らぬ町でいろんな人と出会いながら成長していく。監督は「呪怨」の清水崇。脚本は清水監督と「おおかみこどもの雨と雪」の奥寺佐渡子が手がけている。魔女修行のために旅に出る少女をテレビドラマ『息もできない夏』の小芝風花が、少女が居候するパン屋のおかみを「そして父になる」の尾野真千子が、少女の両親を「たそがれ清兵衛」の宮沢りえと「遺体 明日への十日間」の筒井道隆が演じている。

「魔女の宅急便(2014)」のストーリー

魔女の間では、13歳になったとき、一人前の魔女となるために見知らぬ町で1年間暮らすという決まりがあった。魔女の母親(宮沢りえ)と普通の人間の父親(筒井道隆)との間に生まれたキキ(小芝風花)はこの決まりに従い、黒猫のジジを連れて親元を離れる。キキは辿り着いた海辺の町コリコでパン屋のおかみをしているおソノさん(尾野真千子)に気に入られ、居候させてもらうことになった。飛ぶことしかできないキキはその技を活かしお届けもの屋『魔女の宅急便』を始め、空を飛ぶことを夢見る少年・とんぼ(広田亮平)らコリコに住む人々の間で暮らし始める……。

「魔女の宅急便(2014)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「魔女の宅急便(2014)」のスペック

基本情報
ジャンル ファンタジー
製作国 日本
製作年 2014
公開年月日 2014年3月1日
上映時間 108分
製作会社 「魔女の宅急便」製作委員会(ステューディオスリー=東映=北京泰楽国際文化発展=KADOKAWA=D.N.ドリームパートナーズ=オリコム=日本テレビ放送網=木下グループ=EDKO FILMS LID=ビーイング=こだま印刷=読売新聞社=MY Promotion=読売テレビ放送)(制作プロダクション ステューディオスリー)
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト http://www.majotaku.jp/
コピーライト (C)2014「魔女の宅急便」製作委員会

「魔女の宅急便(2014)」のみんなのレビュー

「魔女の宅急便(2014)」のレビューを書く

「魔女の宅急便(2014)」をBlu-ray/DVDで観る

「魔女の宅急便(2014)」の関連作を観る