医者の秘密

いしゃのひみつ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ジェームズ・M・バリー卿原作の戯曲「半時間」を映画化したオール・トーキーで「父と子」に出演したルース・チャッタトン嬢が主演するものである。助演者は「キング・オブ・キングス(1927)」「ソレルとその子」のH・B・ワーナー氏、「夕陽の峠」に出演している英国から新来したジョン・ローダー氏を始め老巧ロバート・エディソン氏、エセル・ウェールス嬢及び子役のナンシ・プライス嬢等で、かつて「悩める花」「クラレンス」「グラムピー」等の名作をものにしたウィリアム・C・デミル氏が改作脚色監督し、「恋愛行進曲」「忘れられた顔(1928)」のJ・ロイ・ハント氏が撮影した。

「医者の秘密」のストーリー

ガーリン夫妻はとかく折れ合いが悪く夫婦仲が円満に行かなかった。良人のリチャードは裸一貫で身代をたたき上げた男で、世の中に自分の思い通りにならぬものはないと確信していた。令夫人リリアンは名門の令嬢でヒュウ・ペイトンという恋人があったが、破産に瀕した家運を挽回するためにヒュウの求婚を斥けてにわか貴族の金満家の妻となったのであった。リリアンは良人に対して冷やかだった。それが気に入らぬリチャードは妻を折檻することも稀ではなかった。ヒュウはこのことを深く憤り、彼が土木工事のためにエジプトへ行く折に彼と共に逃げてくれとリリアンに願ったが、リリアンの貴族魂はヒュウの乞いを容れなかった。リチャードは妻に恋人があることを知らなかったが、又しても夫婦喧嘩を始め妻を折檻し罵倒した。そして家出ができるならして見ろと嘲り、8時には23の友人を招いて晩餐会を開くから1分でも遅れてはならぬと命令した。利かぬ気のリリアンは堪えかねて遂にヒュウとエジプト行きを決行する気になりそのむね書き置きをして身につけた宝石類と共に良人の机の抽出しに入れてヒュウの許へ赴いた。その時7時半だったが、リリアンの決心をヒュウはひどく悦び彼女が無一物で来たので衣類を求めに外出した。ところが不幸にもヒュウは自動車に轢殺され、通りがかりの医師プロディーがかくと告げに来た。そしてリリアンがヒュウの妻でないと知った医師は彼女を逐出したので行く所の無くなった彼女はとにかく帰邸し抽出しを開こうとしたが鍵がかかっていた。晩餐の客はレディング夫妻とプロディー医師だった。医師が今の出来事を話している時リリアンが現れた。リチャードは書置きを見つけなかったが宝石類は発見していたので、不図ヒュウの情婦が妻ではないかと疑った。リリアンは良人の眼をかすめて抽出しから書置きを抜取った。医師はリリアンの潔白を知り問題の女が彼女であることを秘密にしたので、リチャードは妻に謝罪し8時が鳴ったので食堂へ皆を案内した。

「医者の秘密」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「医者の秘密」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「医者の秘密」のみんなのレビュー

「医者の秘密」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/27

ジャリール・ホワイト(1976)

キャメロット(1998)

英国で語り継がれてきた『アーサー王伝説』を、ひとりの少女を主人公に再現したドラマティック・アニメーション。ベラ・チャップマン著『The King's Damosel』をもとに、ワーナー・ブラザース・フィーチャー・アニメーションが製作する初の劇場用長編アニメ映画。原案はTVでも活躍するデイヴィッド・サイドラーとジャクリーン・フェザー。製作は「顔のない天使」のダリサ・クーパー・コーエン。音楽は「ハムレット」のパトリック・ドイルで、過去にグラミー賞を14回獲得しているデイヴィッド・フォスターが楽曲を提供。声の出演は「ジャックナイフ」のジェサリン・ギルシグ、「ツイスター」のケーリー・エルウェス、「フィフス・エレメント」のゲイリー・オールドマン、「トゥモロー・ネバー・ダイ」のピアース・ブロスナンほか。また、ケーリーの歌唱部分は「ザ・コミットメンツ」「エビータ」に出演したアンドレア・コーが、ギャレットの歌唱部分は数多くのプラチナ・ディスクを持つカントリー・ミュージックの大スター、ブライアン・ホワイトが担当した。
キャスリン・ビグロー(1951)

デトロイト

「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグローが、1967年暴動発生時のデトロイトで実際に起きた事件を映画化。暴動発生から2日目の夜、銃声の通報があったモーテルに警察が乗り込む。何人かの警官が捜査手順を無視し、宿泊客に不当な尋問を始める。出演は、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のジョン・ボイエガ、「レヴェナント 蘇えりし者」のウィル・ポールター、「トランスフォーマー ロストエイジ」のジャック・レイナー、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のアンソニー・マッキー。

カルテル・ランド

「ハート・ロッカー」の監督キャスリン・ビグローが製作総指揮を執ったドキュメンタリー。麻薬カルテルが蔓延るメキシコで、一人の外科医が市民による自警団を結成する。彼らはギャングたちを追い詰めていくが、やがて組織は思わぬ方向へ暴走する。2015年サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門最優秀撮影賞・最優秀監督賞W受賞。第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート。

NEW今日命日の映画人 11/27

該当する人物がいません