宇宙戦艦ヤマト2199 第七章 そして艦は行く

うちゅうせんかんやまとにいちきゅうきゅうだいななしょうそしてふねはゆく
上映日
2013年8月24日

製作国
日本

上映時間
95分

ジャンル
SF アクション

ここが見どころ

TVアニメ『宇宙戦艦ヤマト』のリメイク全26話の第23話から第26話を再編集した劇場版最終章。イスカンダルに到達し、地球へ帰還するヤマトの旅程を描く。総監督は、「トワノクオン」シリーズの出渕裕。声の出演は、「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」シリーズの菅生隆之、「ねらわれた学園」の小野大輔。

「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章 そして艦は行く」のストーリー

ヤマトは、イスカンダルとガミラスの存在するサレザー恒星系にワープアウトする。すると、高エネルギー体が突然ヤマトを襲う。ヤマトの窮地に艦長の沖田(声:菅生隆之)は、最大戦速で惑星ガミラスへ突入する命令を下す……。ガミラスとの死闘の末、ヤマトはイスカンダルへ到達する。ヤマトのクルーがイスカンダルの女王・スターシャ(井上喜久子)と謁見すると、彼女の口から思いもよらぬ言葉が出る……。コスモリバースシステムを受領し、地球へ帰還するヤマトは、行程短縮のため亜空間ゲートから銀河系へワープしようとバラン星へ向かう。しかしバラン星宙域では、ガミラス艦隊が密かにヤマトを待ち受けていた……。地球を目前にしたヤマト艦内では、伴侶を得る者、新しい命の息吹の誕生など、様々なドラマが展開していた。そしてヤマトのクルーたちが見上げる赤く焼けただれた地球に、ある奇跡が起こる……。

「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章 そして艦は行く」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章 そして艦は行く」のスペック

基本情報
ジャンル SF アクション
製作国 日本
製作年 2013
公開年月日 2013年8月24日
上映時間 95分
製作会社 宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会(Production I.G=バンダイビジュアル=XEBEC=バンダイ=バンダイナムコゲームス=ボイジャーエンターテインメント=東北新社=松竹=OLM=ランティス)(アニメーション制作 XEBEC=AIC)
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
音量 5.1ch
公式サイト http://yamato2199.net/index_theater.html

「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章 そして艦は行く」のみんなのレビュー

「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章 そして艦は行く」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/23

ジェイミー・キング(1979)

大脱出3

シルヴェスター・スタローン主演のアクション第3弾。秘密監獄・悪魔砦から、何者かに誘拐された社長令嬢救出の依頼を受けた脱獄のプロ、レイ・ブレスリンは、仲間と共に行動を開始。ところが、レイのパートナー、アビゲイルが悪魔砦に拉致されてしまう。共演は「アベンジャーズ/エンドゲーム」のデイヴ・バウティスタ、「パシフィック・リム:アップライジング」のマックス・チャン。メガホンを取ったのは、「ボビーZ」のジョン・ハーツフェルド。

大脱出2

シルヴェスター・スタローン扮する脱獄のプロが難攻不落の監獄に挑むアクション第2弾。警備会社を設立し後進育成に励むブレスリンだったが、スタッフが行方不明に。コンピューター制御された監獄ハデスに囚われた仲間を救うため、自ら収監され脱獄を試みる。監督は「マローダーズ/襲撃者」のスティーヴン・C・ミラー。元WWEチャンピオンであるデイヴ・バウティスタが新たにスタローンの相棒を務め、前作に続きカーティス・“50セント”・ジャクソンが出演するほか、「イップ・マン 葉問」のホァン・シャオミン、「シン・シティ」シリーズのジェイミー・キングらが新規参戦。
阿部サダヲ(1970)

MOTHER マザー(2020)

大森立嗣が、実在の殺人事件に着想を得て作り上げたドラマ。男たちとゆきずりの関係を持ち、その場しのぎの生活を送るシングルマザーの秋子。そんな母の歪んだ愛に、必死に応えようとする息子・周平。やがて身内からも絶縁された母子は、社会から孤立し……。出演は「コンフィデンスマンJP」の長澤まさみ、「彼女がその名を知らない鳥たち」の阿部サダヲ、オーディションで抜擢され、本作が映画初出演となる奥平大兼。「新聞記者」の河村光庸がプロデューサーを務める。

決算!忠臣蔵

大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。