いくたびか美しく燃え

いくたびかうつくしくもえ
上映日
1975年9月27日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ ラブロマンス

ここが見どころ

華やかな上流社交界に身を投じたヒロインの愛の軌跡を描く。製作はハワード・W・コッチ、監督は「春の雨の中を」のガイ・グリーン、製作総指揮はアーヴィング・マンスフィールド、脚本はジュリアス・J・エプスタイン、原作はベストセラー女流作家のジャクリーン・スーザン、撮影はジョン・A・アロンゾ、音楽はヘンリー・マンシーニ、衣装はモス・マブリーが各々担当。出演はカーク・ダグラス、デイヴィッド・ジャンセン、アレクシス・スミス、ジョージ・ハミルトン、メリナ・メルクーリ、ゲイリー・コンウェー、ブレンダ・ヴァッカロ、デボラ・ラフィンなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。テクニカラー、パナビジョン。1975年作品。

「いくたびか美しく燃え」のストーリー

映画界の大物プロデューサー、マイク・ウェイン(カーク・ダグラス)を父に持つジャニアリー(デボラ・ラフィン)は学校を卒業するやいなや、父の仕事先であるローマに飛んだ。彼女は、幼くして母親を失った自分を男手一つで育ててくれた父親に対し、限りない愛情と尊敬を抱いていた。その父と一緒に暮せるのだ。ジャニアリーのまわりにはたちまち若い男が群がった。その一人、若いイタリア人の俳優は、彼女を乗せたオートバイを壁に激突させた。生死に別状なかったが、長い治療生活を強いられた。数ヵ月後、退院してニューヨークの父のもとに戻ったジャニアリーは、父が世界で5番目に金持ちの女といわれるディー・ミルフォード・グレンジャー(アレクシス・スミス)と結婚したことを知り、ショックを受けた。その結婚は、映画プロデューサーとして下り坂にあるマイクが破産寸前の状態から脱するための金目当ての結婚だった。父への反抗からジャニアリーはなかばやけ気味に社交界の乱脈な生活にとびこんでいった。義母となったディーは、従弟で美貌だけがとりえのプレイボーイ、デイヴィッド・ミルフォード(ジョージ・ハミルトン)との結婚をさかんにすすめる。その理由はディーとレズビアン関係にある引退した大女優カルラ(メリナ・メルクーリ)が最近デイヴィッドと情事にふけっていたからだ。デイヴィッドとジャニアリーが結びつけば、カルラは再び自分のものになる。それがディーの狙いなのだ。ジャニアリーはそんな頽廃的な世界から抜けだすために学校時代の友人リンダ・リッグス(ブレンダ・ヴァッカロ)が編集している女性雑誌の出版社に勤めることになった。仕事を通じて、妻子ある中年の作家トム・コルト(デイヴィッド・ジャンセン)と知り合い、恋愛に発展した。ジャニアリーの幸せを親身に願う友人ヒュー・ロバートソン(ゲイリー・コンウェー)も、ジャニアリーには通じなかった。不幸は続いてジャニアリーを襲った。父マイクがディーと共に飛行機事故で死亡し、トムとの恋にも破局が訪れたのだ。(パラマウント映画=CIC配給2時間1分)

「いくたびか美しく燃え」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「いくたびか美しく燃え」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1975
公開年月日 1975年9月27日
製作会社 ハワード・W・コッチ・プロ
配給 パラマウント映画=CIC
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「いくたびか美しく燃え」のみんなのレビュー

「いくたびか美しく燃え」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/27

ジャリール・ホワイト(1976)

キャメロット(1998)

英国で語り継がれてきた『アーサー王伝説』を、ひとりの少女を主人公に再現したドラマティック・アニメーション。ベラ・チャップマン著『The King's Damosel』をもとに、ワーナー・ブラザース・フィーチャー・アニメーションが製作する初の劇場用長編アニメ映画。原案はTVでも活躍するデイヴィッド・サイドラーとジャクリーン・フェザー。製作は「顔のない天使」のダリサ・クーパー・コーエン。音楽は「ハムレット」のパトリック・ドイルで、過去にグラミー賞を14回獲得しているデイヴィッド・フォスターが楽曲を提供。声の出演は「ジャックナイフ」のジェサリン・ギルシグ、「ツイスター」のケーリー・エルウェス、「フィフス・エレメント」のゲイリー・オールドマン、「トゥモロー・ネバー・ダイ」のピアース・ブロスナンほか。また、ケーリーの歌唱部分は「ザ・コミットメンツ」「エビータ」に出演したアンドレア・コーが、ギャレットの歌唱部分は数多くのプラチナ・ディスクを持つカントリー・ミュージックの大スター、ブライアン・ホワイトが担当した。
キャスリン・ビグロー(1951)

デトロイト

「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグローが、1967年暴動発生時のデトロイトで実際に起きた事件を映画化。暴動発生から2日目の夜、銃声の通報があったモーテルに警察が乗り込む。何人かの警官が捜査手順を無視し、宿泊客に不当な尋問を始める。出演は、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のジョン・ボイエガ、「レヴェナント 蘇えりし者」のウィル・ポールター、「トランスフォーマー ロストエイジ」のジャック・レイナー、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のアンソニー・マッキー。

カルテル・ランド

「ハート・ロッカー」の監督キャスリン・ビグローが製作総指揮を執ったドキュメンタリー。麻薬カルテルが蔓延るメキシコで、一人の外科医が市民による自警団を結成する。彼らはギャングたちを追い詰めていくが、やがて組織は思わぬ方向へ暴走する。2015年サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門最優秀撮影賞・最優秀監督賞W受賞。第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート。

NEW今日命日の映画人 11/27

該当する人物がいません