生き残った二人

いきのこったふたり
上映日
1956年1月2日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

今次大戦におけるイギリス海兵隊の活躍を描いたジョージ・ケント原作の映画化。脚本はブライアン・フォーブスと「別動隊」のリチャード・メイボウム。「我が心に君深く」のホセ・フェラーが「もず」に続いて監督・主演した。撮影は「赤いベレー」のジョン・アディソン、音楽指揮は「島のならず者」のミューア・ファーラーの他、「文化果つるところ」のトレヴァー・ハワード、「その後に来るもの」のドーラ・ブライアン、ヴィクター・マダーン、アンソニー・ニューリーなど。アーヴィング・アレンとアルバート・R・ブロッコリが共同で総指揮を取り、フィル・C・サミュエルが製作を担当した。ウォーウィック・プロ製作によるテクニカラー。1955年作品。

「生き残った二人」のストーリー

第二次大戦中の話。ボルドーのドイツ艦隊を攻撃する為に英軍首脳は秘策を練った。ストリンジャー少佐(ホセ・フェラー)は潜水服に身を固めたフロッグメンを出動させ、海中から敵艦に爆薬を仕掛けるという案を考え出した。訓練が始められた。非戦闘員副官のトムソン大尉(トレヴァー・ハワード)はこの案に反対であった。最初は大尉のいうことに耳をかさなかった少佐も、訓練の失敗を見て、その忠告をいれ、計画を練り直すのであった。訓練が終り、ボルドーに出発の直前、隊員のラドックの脱走事件が起こったが、ストリンジャー少佐の機転で大事に至らず、一行はボルドーへ向かった。ボルドーに近付いた時、彼らの乗った潜水艇はドイツの哨戒艇に攻撃された。隊員のローマスが負傷したのでトムソン大尉が代わりに参加することになった。一行は潜水艇から5隻の円筒艇に乗り込み、ジロンド河をボルドーめがけて上がることになった。途中、艇が転覆したり、ドイツ側の攻撃に倒されるものが続出して結局残ったのはストリンジャー少佐とクラーク、トムソン大尉にラドックの4人になってしまった。敵艦に肉迫した2組は、それぞれ艦底に時限爆弾を仕掛けた。ストリンジャー少佐とクラークは岸に退避したが、さらに巨大な敵艦を発見したトムソン大尉の組は港内深く進んだ。やがて大爆発が起こった。トムソン大尉の組は、遂に独艦と運命をともにした。ストリンジャー少佐とクラークは、ピレネー山脈を越えてスペインに入り、5カ月後にロンドンに帰り着いた。

「生き残った二人」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「生き残った二人」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1955
公開年月日 1956年1月2日
製作会社 ウォーウィック・プロ作品
レイティング
カラー/サイズ カラー

「生き残った二人」のみんなのレビュー

「生き残った二人」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません


「生き残った二人」を観ているあなたにおすすめの映画