生きていた男

いきていたおとこ
上映日
1958年5月17日

製作国
アメリカ

上映時間
84分

ジャンル
サスペンス・ミステリー ドラマ

ここが見どころ

死んだ筈の兄を名乗る男が現われて女主人公を懊悩させるというサスペンス・ドラマ。スリルを積み上げていって、終末の5分で意外な解決を提示するという手法がとられている。デイヴィス・オスボーンとチャールズ・シンクレアの脚本を「八十日間世界一周」のマイケル・アンダーソンが監督し、「暁の出撃」のアーウィン・ヒリアーが撮影を監督した。音楽は「武装強盗団」のマチアス・セイバー。主演は「十戒(1957)」のアン・バクスターに「揚子江死の脱走」のリチャード・トッド。加えて「戦争と平和」のハーバート・ロム「ヨーロッパ一九五一年」のアレクサンダー・ノックスが助演する。製作は活劇スターである「絶望の彼方に」のダグラス・フェアバンクス・ジュニア。英国側人材が主力を占めている。

「生きていた男」のストーリー

スペインのコスタ・リカに住むキム・プレスコット(アン・バクスター)は、富豪で美貌の主の女性として知られていた。ある夜晩餐会の終ったあとの庭園で、彼女は、いつのまに入ってきたのか、1人の男が勝手にウィスキーを飲んでいるのを発見した。その男は、1年前に自動車事故で死んだ筈の彼女の兄ワード(リチャード・トッド)だと名乗るのである。兄は確かにあの時死んでいるのに……彼女は愕然とした。警察署長パルガス(ハーバート・ロム)がやってきて訊問したが、証明書類や旅券も、手首にある錨の刺青さえもまさしく兄ワードのものなのだ。青ざめたキムをよそに、明くる日から彼は富豪プレスコット家のワードとして振る舞いはじめた。素性の知れぬ家政婦や下男が雇い入れられた。何のための彼の行動か。かつて兄が4マイルのドライヴ・ウェイを3分で走ったことを思い出して、それが出来るかと挑戦すれば、湾に沿った危険な道を、彼はキムをオープン・カーにのせて疾走してみせる。頼りにしていた叔父チャンドラーさえが、甥として彼に疑念なく挨拶するのだ。彼女は父が遺していった巨額の宝石を持っていた。それをこの男たちは狙っているのに違いない。心身ともに疲れ果てた彼女は、宝石を銀行から取り出せる手続きの書類に、謎の男の命ずるままに署名した。これでもう彼等は去っていくに違いない。ところが海岸ぞいの艇庫で放心する彼女に、なおも人影が迫る。恐怖のあまり発射した銛銃を危うく避けて灯の下に現われたのはパルガス署長だった。彼は、謎の男が指紋まで死んだ兄に似せられる筈はないと言う。苦心の末彼女はワードを自称する男の指紋をブランディ・グラスにとった。ところが、それさえが亡き兄と同じものだと署長はいうのだ。遂に彼女は狂乱状態におちいり、自失して叫んだ、--違う、彼が兄である筈なんかない。何故って、兄は私がこの手で殺したのだから……。謎の男たちは互いにうなずきあった。父の遺した宝石、それは正当には、今は彼女の権利を離れている会社のものだったのだ。それを彼女は艇庫の煙突になおも隠して持っていた。兄を名乗る男たちは、実は実際のワードの死因に疑問をもち、この宝石の行方を探る警察当局の人々だったのだ。

「生きていた男」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「生きていた男」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1958
公開年月日 1958年5月17日
上映時間 84分
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー・ブラザース
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「生きていた男」のみんなのレビュー

「生きていた男」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/11

加山雄三(1937)

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。

茅ヶ崎物語 MY LITTLE HOMETOWN

茅ヶ崎出身のミュージシャン、桑田佳祐を核に“芸能の地、茅ヶ崎”の秘密を探る音楽探訪記。サザンオールスターズの名付け親である宮治淳一が、人類学者の中沢新一、本作の監督を務めた「人狼ゲーム」の熊坂出と共に茅ヶ崎と芸能との関係性を多角的に分析する。高校生時代の宮治の記憶をもとに撮影されたドラマパートでは、宮治の学生時代を「3月のライオン」の神木隆之介が、桑田の学生時代を「サクラダリセット」の野村周平が演じる。そのほか「森山中教習所」の賀来賢人、「銀魂」の安田顕、そして桑田佳祐自身も出演。2017年6月25日、第6回茅ヶ崎映画祭にてワールドプレミア上映。2017年7月21~23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズほかで特別劇場公開。
武田鉄矢(1949)

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

いのちスケッチ

福岡県の動物園を舞台にしたヒューマンドラマ。東京で漫画家になる夢を諦めて故郷の福岡県に帰ってきた亮太は、動物福祉に取り組む地元の動物園のアルバイトを紹介され、獣医師の彩と出会う。彩は園の取り組みを広めるため、亮太に漫画を描いてほしいと頼む。出演は、「今日も嫌がらせ弁当」の佐藤寛太、「猫忍」の藤本泉、「岬の兄妹」の芹沢興人、「よこがお」の須藤蓮、「ガチ星」の林田麻里。監督は、「恋のしずく」の瀬木直貴。

「生きていた男」を観ているあなたにおすすめの映画