異教徒の旗印

いきょうとのはたじるし Sign of the Pagan
上映日
1954年12月14日

製作国
アメリカ

上映時間
92分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「タンガニイカ」のアルバート・J・コーエンが1954年に製作した古代ローマを舞台とするシネマスコープで、「フォルウォスの黒楯」のオスカー・ブロドニーと「地上最大のショウ」のバリー・リンドン合作の脚本を「心のともしび」のダグラス・サークが監督した。撮影は「心のともしび」のラッセル・メティ、音楽は「心のともしび」のフランク・スキナーとハンス・J・サルター。「戦いの矢」のジェフ・チャンドラー、「アロウヘッド」のジャック・パランス、「ホフマン物語」のリュドミラ・チェリーナ、「夜の人々(1954)」のリタ・ガム、ジェフ・モロー、ジョージ・ドレンツらが出演する。

「異教徒の旗印」のストーリー

西紀450年。東ローマが、ローマ皇帝から分離独立しようとしていたころ、フン族の王アッチラ(ジャック・パランス)は大軍を挙げて欧州へ進撃して来た。ある村で捕えられたローマの百人隊長マーシアン(ジェフ・チャンドラー)は、ローマ皇帝の命により、コンスタンチノープルのシオドシアス帝を説いて独立を思い止まらせる使命をおびており、脱走してコンスタンチノープルに赴いた。シオドシアス帝は帝国分裂に反対する妹のプルケリア姫(リュドミラ・チェリーナ)を宮中に軟禁し、マーシアンの言を容れようとしなかった。プルケリア姫はマーシアンに好意を持ち、自分の護衛隊長に任じた。諸国王を招いた大宴会の最中、突然現れたアッチラは贈物にマーシアンを要求し、彼からローマ軍の戦技を学んだ。アッチラはローマ進撃をやめさせようとするプルケリア姫を愚弄し、シオドシアス帝とは不可侵の密約を交してローマに向かったが、彼の本心はローマ征服後コンスタンチノープルを攻撃するつもりであった。アッチラの計画を見破ったマーシアンは帝に警告してかえって投獄されたが、脱獄してプルケリア姫と反乱を起こし、シオドシアス帝を退位させた。そして姫を摂政とし、自分は将軍となってローマ救援に出発した。アッチラの娘クブラ(リタ・ガム)は秘かにマーシアンに思いをかけていたが、総攻撃の前夜、ローマ城内にマーシアンを訪れ父の計画を告げた。アッチラは娘の裏切りを知って彼女を殺したが、いつとはなくキリスト教に畏れを抱くようになり、攻撃すべきか否か迷った。占星師は攻撃を中止せよと予言した。アッチラは突如退去を命じ、その大軍は北方へ移動した。マーシアンはすぐ敵の退路を断って潰滅させ、アッチラは名もなき奴隷女に刺されて一命を失った。かくてマーシアンはプルケリア姫と結婚し、ローマ帝国のもっとも賢明な皇帝として謳われた。

「異教徒の旗印」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「異教徒の旗印」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1954
公開年月日 1954年12月14日
上映時間 92分
製作会社 ユニヴァーサル映画
配給 ユニヴァーサル日本支社
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 ステレオ

「異教徒の旗印」のみんなのレビュー

「異教徒の旗印」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません