愛と死のエルサレム

あいとしのえるされむ
上映日
1972年9月2日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

イスラエルを背景に、パレスチナ解放運動に飛び込んだアメリカの一青年の愛と行動を描く。製作はラム・ベン・エフレイム、監督はジョン・フリン、脚本はトロイ・ケネディ・マーティン、撮影はラウール・クタール、音楽はジョン・スコット、編集はノーマン・ウォンストールが各々担当。出演はブルース・デイヴィソン、ニコル・ウィリアムソン、ダリア・ハルプリン、ドナルド・プレザンス、イアン・ヘンドリーなど。

「愛と死のエルサレム」のストーリー

エルサレム大学で考古学を研究するアメリカ人学生デビッド(ブルース・デイヴィソン)は本国でのハーバート大学時代、イスラエルとアラブ双方の学生と友だちになった。彼は、近くアメリカに帰るので友人の1人アラブ・ゲリラグループのリーダー、ラシード(ジーブ・レバー)をアラビア人地区に訪ねた。その時、1台の車から、機関銃が発射された。2人は傷つき、デビッドは病院に運ばれ、テロリストたちを追求するイスラエルの憲兵サミュエルズ少佐(ドナルド・プレザンス)の監視下におかれた。少佐は彼にテロリストの確認をさせようとしたが、デビッドはそれを断わり、ラング教授(ニコル・ウィリアムソン)に助けを求めた。ラングは少佐の上司を動かしてデビッドを釈放させたが、少佐は彼のパスポートを保管して離国を不可能にした上、彼を監視した。デビッドの責任を負わされたラングはクーメランの古跡発掘に参加させ、勉強を続けるよう彼に勧めた。その発掘キャンプで、デビッドはイスラエル女子学生ニュリット(ダリア・ハルプリン)にひかれ、彼女がラングの愛人であることに心を痛めた。一方ニュリットも、デビッドのおかげで危うく死を免れたことから彼を愛するようになった。発掘場で知りあったイスラエル人過激派学生バラク(コーヤ・Y・ルビン)から、イスラエル・グループとアラブ・グループとの会合を実現するために力を貸してほしいと頼まれたデビッドは、百年戦争といわれている今の紛争を幾分でも短縮できるかも知れないという彼の真剣さに打たれて、お膳立てに乗りだした。デビッドは、彼が二重スパイとは知らず、古銭の店を営むアラビア人アルトゥリ(ジャック・コーエン)を通してラシードに接触しようと試みたことから、会合のことがラングに筒抜けになり、彼の教室から締めだされた。会合の計画が進み、デビッドは帰国を見あわせることにしたが、ニュリットとの愛が急速に深まるにつれ、この決心は強まっていった。一方、少佐はラシードが隠れていると睨んだ地区の手入れを行なった。ラシードはデビッドのアパートに逃げ込み、秘密の会合は急速に具体化した。当日、デビッドはあるカフェで会合の成功を祈っていたが、少佐に発見されてラングのところへ連行された。そして会合の場所や時間についてラングの激しい追求を受けたが、会合が終わるまで決して口を割るまいと決意した。一方、イスラエルとアラブを代表する双方の若者たちが、暗黒の砂漠の中に燃える1つの火を囲んでいた。コーヒーを飲みながら語り合うラシード、ニュリット、バラクの胸に明るい火がともっていた。数時間後、恐ろしいニュースが少佐によってデビッドにもたらされた。現地に駆けつけたデビッドは、砂漠の朝の光の中に、テロ団の手にかかった8つの死体を見いだして立ちすくんだ。彼の努力が若者たちの死に手を貸したに過ぎなかったことを思い、暗然とした。そして悲しみに打ち沈みながら、ニュリットのなきがらに別れを告げた。

「愛と死のエルサレム」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「愛と死のエルサレム」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1972
公開年月日 1972年9月2日
製作会社 ラム・ベン・エフレイム・プロ作品
配給 メトロ
レイティング
カラー/サイズ カラー

「愛と死のエルサレム」のみんなのレビュー

「愛と死のエルサレム」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/1

エリカ・リバス(1974)

人生スイッチ

アルゼンチンで国内年間ランキング1位を獲得したオムニバス形式のブラック・コメディ。製作は、「オール・アバウト・マイ・マザー」のペドロ・アルモドバル。出演は、「瞳の奥の秘密」のリカルド・ダリン。第87回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート、第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。
ヴェイッコ・アールトネン(1955)

罪と罰(1983)

殺人を犯した青年の行動を乾いたタッチで描く作品。「白い花びら」のアキ・カウリスマキ、監督長編第1作。原作はロシアの文豪、ドストエフスキーの同名小説。出演はマルチ俳優として活躍するマルック・トイッカ、「愛しのタチアナ」までカウリスマキ作品の顔だったマッティ・ペロンパー、カウリスマキ作品の常連名脇役であるエスコ・ニッカリほか。1983年第1回フィンランド・ユッシ賞最優秀処女作品、最優秀脚本賞受賞。

ラヴィ・ド・ボエーム

パリを舞台に、3人の芸術家のボヘミアン生活を描く。監督・製作・脚本は「コントラクト・キラー」のアキ・カウリスマキ、原作はアンリ・ミュルジェールの小説『ボヘミアン生活の情景』(Scenes de la vie de boheme)、撮影はティモ・サルミネンが担当、音楽はセルジュ・レジアニが歌う「僕は飲む」、しのはらとしたけが歌う「雪の降る町を」などの既成曲を使用している。

NEW今日命日の映画人 12/1

シェリー・モリソン(2019)

無邪気な悪魔におもちゃが8つ

子供によって行われるショッキングな殺戮を描いたホラー。感化院の車が雪山で事故に遭い、護送されていた5人の問題児たちが脱走する。ロッジで冬を楽しく過ごそうとしていた大人たちに保護されるが、子供たちは彼らを残酷な方法で殺し始め…。【スタッフ&キャスト】監督:ショーン・マグレガー 脚本:ジョン・ダーレン 撮影:ポール・ヒップ/マイケル・シェア 出演:レイフ・ギャレット/ソレル・ブーク/ジーン・エヴァンス/シェリー・モリソン

愛のそよ風

『チェンジリング』のクリント・イーストウッドが初めて監督業だけに専念して制作したドラマ。不動産業を営む裕福な中年・フランクは、ある日ヒッピー風の少女・ブリージーと出会う。初めは自由に生きる彼女に苛立ちを覚えていたがフランクだったが…。【スタッフ&キャスト】監督:クリント・イーストウッド 製作:ロバート・デイリー 脚本:ジョー・ハイムズ 撮影:フランク・スタンリー 出演:ウィリアム・ホールデン/ケイ・レンツ/ロジャー・C・カーメル/シェリー・モリソン
マイケル・ライ(2019)

ルージュ(1987)

恋人を探すために現世へ戻ってきた美貌の幽霊の激しくも切ない恋を描くロマンチック・ファンタジー。監督はスタンリー・クワン。出演は、レスリー・チャン、アニタ・ムイ、アレックス・マンほか。2013年3月30日より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催された「レスリー・チャン メモリアル」にてデジタル上映。

九龍の眼

悪質な爆弾犯人たちを追いつめる香港警察の刑事チェンの活躍を描くアクション。「ポリス・ストーリー 香港国際警察」の続篇で、監督・主演・原案・スタント監修は「サイクロンZ」のジャッキー・チェン(成龍)、製作総指揮はレイモンド・チョウ(鄒文懐)とレナード・ホウ(何冠昌)、製作はエドワード・タン、脚本はエドワード・タンとジャッキー・チェン、撮影はチョウ・イウゾウ(張耀祖)とリー・ヤウトン(李有棠)、音楽はマイケル・ライ(黎小田)が担当。出演はほかに「ポリス・ストーリー 香港国際警察」のマギー・チャン(張曼玉)、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のタン・ピョウ(董驃)、「サイクロンZ」のクリスタル・コオ(郭錦恩)など。ビデオタイトル「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」。

「愛と死のエルサレム」を観ているあなたにおすすめの映画