ハーロー

はーろー
上映日
1965年11月12日

製作国
アメリカ

ジャンル
伝記

ここが見どころ

アーヴィング・シュルマンの小説「ハーロー……秘められた伝記」を、ジョン・マイケル・ヘイズが脚色、「リオ・コンチョス」のゴードン・ダグラスが監督したジーン・ハーローの伝記映画。撮影は「僕のベッドは花ざかり」のジョセフ・ルッテンバーグ、音楽は「女房の殺し方教えます」のニール・ヘフティが担当した。出演は、「大いなる野望」のマーティン・バルサム、「ハタリ!」のレッド・バトンズ、「愛よいずこへ」のマイケル・コナーズ、「野望の系列」のピーター・ローフォード、「枢機卿」のラフ・ヴァローネなど。製作は「大いなる野望」のジョセフ・E・レヴィン。

「ハーロー」のストーリー

1928年、ハリウッドが黄金時代の夢に酔っていた頃、ジーン・ハーロー( キャロル・ベイカー) はエキストラの仕事を求めて、毎日、撮影所の門をたたいていた。彼女は貧しい一家の稼ぎ手だった。そんなとき、ジーンの将来性に目をつけたのがランドー(レッド・バトンズ)というかけだしのエージェント。当時まだ微力だった彼はジーンを、独立プロデューサーのマンリー( レスリー・ニールスン) に紹介し、契約に成功した。ジーンは女優としての素質や才能はなかったが、性的魅力は大いに認められ、全米に話題をまいた。人気急上昇のジーンにマンリーは肉体関係を求めたが、彼女が抵抗したことから契約は破棄された。次に彼女はマジェスチック撮影所々長レドマンと契約、彼の右腕と称されるバーン( ピーター・ローフォード) と知りあった。新しい撮影所でのジーンの作品は一大センセーションをまき起こし、彼女のヘアースタイル、プラチナ・ブロンドは世界的流行とさえなった。そして彼女はバーンと結婚した。豪華な結婚式の直後、悲劇が待っていた。バーンが自殺したのだ。原因は関係者にとって謎であったが、実は彼は不能者だったのである。世界を風靡したジーン・ハーローだったが、すっかり自分を見失い、酔いしれた彼女の姿が、ある夜街にみられた。そして数時間後、海岸で波とたわむれていたジーンは急性肺炎をおこし、病院に収容されたがまもなく息をひきとった。

「ハーロー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ハーロー」のスペック

基本情報
ジャンル 伝記
製作国 アメリカ
製作年 1965
公開年月日 1965年11月12日
製作会社 エンバシー・プロ映画
配給 パラマウント
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「ハーロー」のみんなのレビュー

「ハーロー」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/16

アビー・エリオット(1987)

ミュータント・タートルズ(2014)

1990年、コミックを原作に映画化、アニメやゲームも世界中で大ブームを巻き起こした「ミュータント・タートルズ」を「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ製作、「タイタンの逆襲」のジョナサン・リーベスマン監督のもと再映画化。カメでニンジャの4人が、超絶アクションを駆使して犯罪組織に立ち向かう。出演は「ジェニファーズ・ボディ」のミーガン・フォックス、「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・アーネット、「ローン・レンジャー」のウィリアム・フィクトナー、「天使にラブ・ソングを…」のウーピー・ゴールドバーグ。
クリフトン・コリンズ・JR(1970)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 6/16

該当する人物がいません