二重スパイ 国際謀略作戦

にじゅうすぱいこくさいちょうぼうさくせん
上映日
1972年5月13日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

他人の脳から抽出した液体を自分の体内に注入し、その脳の持ち主の記憶をたどり、二重、三重のスパイ活動を展開する。製作はジャック・レアード、監督はボリス・シーガル、脚本はエイドリアン・スパイズ、原作はカート・シオドマク、撮影はペトラス・シュロンプ、音楽はビル・バイヤーズが各々担当。出演はデイヴィッド・マッカラム、スーザン・ストラスバーグ、ヘルムート・カートナー、ロバート・ウェバー、ハーバート・フライシュマン、リリー・パルマーなど。

「二重スパイ 国際謀略作戦」のストーリー

アメリカのノーベル賞受賞者エルンスト・クレイマー博士(ヘルムート・カートナー)は生物学の世界的権威者で、今は後輩の化学者ヒレル・モンドロー(デイヴィッド・マッカラム)や、助手のカレン(スーザン・ストラスバーグ)と共に、1人の人間の脳から抽出した液体“RNA”を別な人間の体内に注入することにより、その人間の持ち主の記憶を伝達することができる、という驚くべき内容の実験を続けていた。そんな時、CIAのスローターとドーシー(ロバート・ウェバー)が、博士の元に瀕死の男を連れてきた。東からの亡命に失敗したドイツの科学者ハウザー博士で、絶命は時間の問題だった。危険を承知でハウザーの死と同時に、脳からRNAを抽出したものの、その液体を誰に注入するかが問題だった。ヒレルは、自分に注入しようとするクレイマー博士を説得して、ハウザーのRNAを自らの体に注射した。同時にヒレルを襲ったのは、激しいけいれんと一時的な精神錯乱だった。やがて彼の周囲は数十年前の外国の風景に変わり、しかも恐ろしい記憶が彼の脳裏にうずまき始めた。病院にかつぎ込まれ、正常に戻ったものの、1日のうち何時間かは彼の頭脳に他人の記憶が入り込んだ。そのたびに彼は自分と他人との間を往復した。次にヒレルが自分に戻った時、彼は飛行機の中にいた。ヒレルの脳裏にひらめいたぼんやりした数式を求めての無意識の行動だった。パスポートの行き先はコペンハーゲンとなっていた。しかも、機内で知りあったレナーという男(実はCIAのスパイ)と言葉を交した自分が、何の抵抗もなく“カール・へルムート・ハウザー”と名乗っているのだ。コペンハーゲンを経て、次の予定地ベルリンについたヒレルを待っていたのは、クレイマー博士とCIAのドーシー、それにレナーの3人だった。だが東側の二重スパイだったレナーがスキをつきドーシーを倒して、クレイマー博士とヒレルを東側に引き渡した。彼らはそこで2人の男と向かい合った。その1人はハウザーの記憶によれば憎むべき男だった……。それは戦時中、己を断種したナチの一員だったのだ。復讐の鬼と化したヒレルは男に拳銃をつきつけたが、油断したスキに逆に撃たれ、頭に数式の記憶を残したまま彼は命を断った。

「二重スパイ 国際謀略作戦」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「二重スパイ 国際謀略作戦」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1971
公開年月日 1972年5月13日
製作会社 ユニヴァーサル作品
配給 ユニヴァーサル=CIC
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「二重スパイ 国際謀略作戦」のみんなのレビュー

「二重スパイ 国際謀略作戦」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/13

アリー・シーディ(1962)

うちへ帰ろう

バラバラになっていた家族が、母の死期を間近に再び心を寄せ合う心温まるドラマ。監督はスティーヴン・メイラー。出演はデイヴィッドリー・ウィルソン、アリー・シーディほか。

ハイ・アート

駆け出しの写真誌編集者とドロップアウトした有名写真家のふたりの女性の関係をエモーショナルに描き出した異色ラヴ・ストーリー。監督・脚本は本作が初の長編劇映画となる新鋭のリサ・チョロデンコ。製作は「ジョンズ」のドリー・ホールと、ジェフリー・レヴィ=ヒント、スーザン・A・ストーヴァー。撮影は「2ガールズ」のタミー・レイカー。音楽はオルタナティヴ・ロック畑の新鋭で「ベルベット・ゴールドマイン」にも参加したシャダー・トゥ・シンク。音楽監修はトレイシー・マックナイト。美術はバーンハッド・ブライス。編集はエイミー・E・ダドルストン。衣裳はヴィクトリア・ファレル。スチール写真(ルーシーの写真)は監督の友人でもある写真家のジョジョ・ウィルデン。出演は 「オンリー・ザ・ロンリー」のアリー・シーディ、「ラヴ&カタストロフィー」のラダ・ミッチェル、「ジュマンジ」のパトリシア・クラークソン、「フラート」のビル・セイジほか。サンタンス映画祭98で脚本賞を受賞。
ティム・アレン(1953)

トイ・ストーリー4

おもちゃの視点で描くCGアニメの大ヒットシリーズ第4弾。新たな持ち主ボニーを見守るウッディたち。しかし、彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキーは、自分をゴミだと思い、逃げ出してしまう。ウッディはフォーキーを探す冒険に出るが……。監督は、「インサイド・ヘッド」の脚本・原案を担当したジョシュ・クーリー。声の出演は、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のトム・ハンクス、「シュガー・ラッシュ オンライン」のティム・アレン、「トラブルINベガス」のアニー・ポッツ、「トランスフォーマー/最後の騎士王」のトニー・ヘイル。

レックスはお風呂の王様

「ファインディング・ニモ3D」の併映作となるディズニー/ピクサー製作の短編アニメーション。「トイ・ストーリー」シリーズに登場するどじな恐竜のオモチャ“レックス”がバスルームを舞台に仲間の玩具たちと繰り広げる活躍をコミカルに描く。

NEW今日命日の映画人 6/13

該当する人物がいません