肉の蝋人形(1933)

にくのろうにんぎょう
製作国
アメリカ

ジャンル
ホラー
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「ドクターX」「春なき二万年」のマイケル・カーティズが監督した恐怖映画で、チャールズ・S・ベルドン作の舞台劇の基づいて、ドン・マラリーとカール・エリクソンが共同して台本を作った。撮影は「ドクターX」のレイ・レナハンの担当。主演者は「ドクターX」「動物園の殺人」のライオネル・アトウィルで「キング・コング(1933)」のフェイ・レイ、「仮面の米国」「生の創め」のグレンダ・ファレル、「犯罪都市(1931)」「落下傘」のフランク・マクヒュー、「海底マラソン」のエドウィン・マクスウェル、「ドクターX」のアーサー・エドモンド・カリューおよびトーマス・ジャックソン、「ロマンス」のギャヴィン・ゴードン、アレン・ヴィンセント、マシュー・ベッツ等が共演。全編テクニカラーの極彩色を施したもの。

みんなのレビュー

「肉の蝋人形(1933)」のストーリー

アイゴールは蝋人形作りとして素晴らしい腕を待った男で、ワースという金主と共同してロンドンで展示場を開いて居たが、彼の芸術家気取りが金儲けにならんと言ってワースは一夜放火して火災保険金を詐取した。そのときアイゴールは自作の歴史上の人物の蝋人形を救おうとして大火傷を負った。それから数年経って1933年ニューヨークで、ロンドンの蝋人形館が開かれた。ところが約一年前からニューヨークでは失踪した人々や屍体置き場から盗まれた死体が全然発見されない、という事実があった。女新聞記者のフロレンスは親友シャーロット・ダンカンの愛人が雇われている蝋人形館をある日シャーロットと共に訪問した。アイゴールはシャーロットに深く心を惹かれた様子であった。フロレンスは人形をみて歩くうちにジャンダークの像を見て、最近死骸が紛失したコーラス・ガールのジョーン・ゲールと容貌が酷似しているのを発見した。そこで彼女は館に雇われているスパロウという男の跡をつけて廃虚に似た家に入ったのを見届け、地下室へ忍びこんで、ゲールの死骸が入っているらしい箱を発見したが、人間とは思えないような醜怪な容貌をした男が現れたので魂消て逃げだし警察に事の次第を知らせた。警官が調べると怪人は居らず、箱の中には密造酒が詰められているのみだった。がスパロウは捕らえられ尋問を受けた。フロレンスは蝋人形館へ行くと悲鳴が聞こえるので声を頼りに地下室を覗いて見ると、怪物がシャーロットを手術台に寝かせていた。一方スパロウは凡てを白状したので警官隊は蝋人形館を襲い、ついに怪物は警官の拳銃に射たれて、煮沸する蝋壷の中に落ちて最期を遂げ、危ういところでシャーロットは救われた。怪物こそは火傷したアイゴールで、彼は平生蝋の仮面を被っていたのだった。半狂の彼は手を火傷しているので、嘗て自作の人形に似た容貌の人や死人を凌ってきて熱蝋を被せて蝋人形を作っていたのだった。この特ダネを得たフロレンスは編集長と結婚する幸福を掴んだ。

「肉の蝋人形(1933)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「肉の蝋人形(1933)」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー・ナショナル社
レイティング
カラー/サイズ カラー

「肉の蝋人形(1933)」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/23

ジェイミー・キング(1979)

大脱出3

シルヴェスター・スタローン主演のアクション第3弾。秘密監獄・悪魔砦から、何者かに誘拐された社長令嬢救出の依頼を受けた脱獄のプロ、レイ・ブレスリンは、仲間と共に行動を開始。ところが、レイのパートナー、アビゲイルが悪魔砦に拉致されてしまう。共演は「アベンジャーズ/エンドゲーム」のデイヴ・バウティスタ、「パシフィック・リム:アップライジング」のマックス・チャン。メガホンを取ったのは、「ボビーZ」のジョン・ハーツフェルド。

大脱出2

シルヴェスター・スタローン扮する脱獄のプロが難攻不落の監獄に挑むアクション第2弾。警備会社を設立し後進育成に励むブレスリンだったが、スタッフが行方不明に。コンピューター制御された監獄ハデスに囚われた仲間を救うため、自ら収監され脱獄を試みる。監督は「マローダーズ/襲撃者」のスティーヴン・C・ミラー。元WWEチャンピオンであるデイヴ・バウティスタが新たにスタローンの相棒を務め、前作に続きカーティス・“50セント”・ジャクソンが出演するほか、「イップ・マン 葉問」のホァン・シャオミン、「シン・シティ」シリーズのジェイミー・キングらが新規参戦。
阿部サダヲ(1970)

MOTHER マザー(2020)

大森立嗣が、実在の殺人事件に着想を得て作り上げたドラマ。男たちとゆきずりの関係を持ち、その場しのぎの生活を送るシングルマザーの秋子。そんな母の歪んだ愛に、必死に応えようとする息子・周平。やがて身内からも絶縁された母子は、社会から孤立し……。出演は「コンフィデンスマンJP」の長澤まさみ、「彼女がその名を知らない鳥たち」の阿部サダヲ、オーディションで抜擢され、本作が映画初出演となる奥平大兼。「新聞記者」の河村光庸がプロデューサーを務める。

決算!忠臣蔵

大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。

「肉の蝋人形(1933)」を観ているあなたにおすすめの映画