一家8人逃亡す

いっかはちにんとうぼうす
上映日
1967年12月22日

製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

アルバート・リューイン、バート・スタイラー、ボブ・フィッシャーとアーサー・マークス4人がシナリオを担当、「おフロの女王様」のジョージ・マーシャルが監督したコメディ。撮影はアラン・ステンスボルド、音楽はジョージ・ロマニスが担当している。出演者は「おフロの女王様」で初登場したテレビの人気コメディエンヌ、フィリス・ディラーとボブ・ホープが共演した2作目である。他に「さそり暗殺命令」のシャリー・イートン、「オスカー(1966)」のジル・セント・ジョン、ジョナサン・ウィンタースなど。製作はビル・ローレンス。

「一家8人逃亡す」のストーリー

ヘンリー(ボブ・ホープ)はアルタディナ銀行のマジメな現金出納係。7人の子供と犬のポゴを抱えた男ヤモメだが、学校の先生エリー(シャリー・イートン)と恋仲である。ある日、街で1万ドルを拾った。何日か過ぎ、持ち主がない1万ドルは正式にヘンリーのものとなった。日頃から欲しかった、8人と1匹乗り大型車や、オモチャ、ドレスを買って喜んだものの、銀行で5万ドルが紛失した。疑いは、ヘンリーにかかった。ヘンリーの家の子守りゴルダ(フィリス・ディラー)は恋人のリンチ検事(ジョンサン・ウィンタース)が取Rり調べに来たものを色仕掛でくいとめ、その間にヘンリー一家を逃亡させてしまった。追跡するリンチ刑事に、ゴルダはピタリと寄りそって妨害につぐ妨害。ヘンリー一家は追跡をまいてソルトレークに、モデルハウスを買って隠れた。ヘンリーから連絡を受けたエリーは、ヘンリー一家と運命を共にする決心でソルトレークへ駆けつけた。子供たちはスリルを楽しんでいるが、ヘリンーは近所の疑惑の目に居たたまれず、犯人を自分で見つける決心をした。街へ戻ったヘンリーは、見張りをエリーに任せ、アルタディナ銀行に忍びこみ帳簿を調べた。帳簿には誰かが作り直して書いた跡があった。ヘンリーはその帳簿を盗み出した。そんな処へリンチ刑事がやって来た。リンチはまたもや、ゴルダをぶらさげてヘンリーを追跡。だがこの途中、ヘンリーもリンチ刑事も妙なことに気づいた。ヘンリーの上役ポメロイ部長が、美人を連れてソルトレークへ向かっていることだ。ヘンリーはテキサスの富豪に化けて、ホテルでその美女モニカ(ジル・セント・ジョン)に接近した。だが確証が得られないうちにポメロイにふみこまれ、逃げ出す途中リンチ刑事に捕まってしまった。それを知った7人の子供たちは、ポメロイの部屋にテープレコーダーをしこんだ。ヘンリーが捕まってほっとしたポメロイは、モニカと悪事の完成を祝っていた。その話は全部録音され、子供たちはがい歌をあげた。無罪放免となったヘンリーを待つ7人の子供とエリー、それにゴルダおばさんの明るい顔があった。

「一家8人逃亡す」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「一家8人逃亡す」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1967
公開年月日 1967年12月22日
製作会社 ホープ・エンタープライズ
配給 ユナイト映画
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「一家8人逃亡す」のみんなのレビュー

「一家8人逃亡す」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。

「一家8人逃亡す」を観ているあなたにおすすめの映画