トプカピ

とぷかぴ
上映日
1964年12月18日

製作国
アメリカ

上映時間
120分

ジャンル
サスペンス・ミステリー

ここが見どころ

エリック・アンブラーの「真昼の翳」をモンヤ・ダニシェフスキーが脚色、「死んでもいい」のジュールス・ダッシンが製作・演出したコミカルなサスペンス・ミステリー。撮影はアンリ・アルカン、音楽は「日曜はダメよ」(アカデミー賞)のマノス・ハジダキスが担当した。出演は、「勝利者(1963)」のメリナ・メルクーリ、「スパルタカス」のピーター・ユスチノフ、「ニュールンベルグ裁判」のマクシミリアン・シェル、「ミサイル珍道中」のロバート・モーリー、TV「弁護士プレストン」のエイキム・タミロフ、ギルス・セガール、ジェス・ハーンほか。

「トプカピ」のストーリー

美しく陽気な女盗賊エリザベス(メリナ・メルクーリ)は、イスタンブールのトプカピ王宮博物館に陳列されているサルタンの宝剣に魅せられていた。そこで彼女は、愛人のベテラン泥棒ウォルター(マクシミリアン・シェル)を口説いて計画をたてた。2人は観光客を装ってギリシャに行き、イギリス人ガイド、シンプソンを雇った。万一の場合に備えて、トルコまで武器を運搬させるためである。それとは知らぬシンプソンは高級車を運転して出かけたが、トルコ国境の検問所で武器を発見されテロリストにされてしまった。ところが彼らはシンプソンを逆にスパイとして働かせることにした。目的地まで車を運転してきた時、彼はそこで運転手として雇われてしまった。宝剣盗みの仲間達--風変りな貴族で発明狂のセドリック、短気で力持ちのフィッシャー、身の軽いジュリオ--が勢揃いした。厳重なトルコ側官憲の警戒の中、一味が決行を前にしてフィッシャーが怪我をし、代わりにシンプソンが加わった。初めてあかされた秘密に驚ろき、警察のスパイであることをしゃべってしまった。その結果、シンプソンの報告で行動する警察の裏をかかなければならない。祭りの日、盗賊団はレスリングの競技場に乗り込んだ。尾行の刑事の隙を見て、フィッシャー1人を残して一味は目的の博物館へ。博物館は閉館するとスイッチがかけられ、部屋の床には極く軽い重みがかかってもたちまち非常ベルが鳴る仕かけがしてあるのだ。屋根からロープでしのび込んだ一味はまんまと、本物と偽物の宝剣をすりかえた。だが窓ガラスの隙間から雀が1羽迷い込んだことには誰も気がつかなかった。シンプソンが出かける前に書き残した報告書と雀の1件からすべてが明るみに出て一味は刑務所へ。だがエリザベスは次に、クレムリン宮殿のロマノフ王朝の宝石を狙っているのだった。

「トプカピ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「トプカピ」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1964
公開年月日 1964年12月18日
上映時間 120分
製作会社 フィルム・ウェイズ映画
配給 ユナイテッド・アーチスツ
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「トプカピ」のみんなのレビュー

「トプカピ」のレビューを書く

「トプカピ」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/12

ラミ・マレック(1981)

ドクター・ドリトル(2020)

ロバート・ダウニー・Jrが製作総指揮・主演を務めたアクションアドベンチャー。動物と話しができる医師のドリトル先生は、世間から距離を取り、ひっそりと暮らしていた。だが、病に倒れた女王を救うため、仲間の動物たちと共に伝説の島へと旅立つことに。監督は「ゴールド/金塊の行方」のスティーヴン・ギャガン。「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」のアントニオ・バンデラスが共演。ヒュー・ロフティングの世界的ベストセラーを原案としている。

パピヨン(2017)

スティーブ・マックイーン主演による「パピヨン(1973)」をリメイク。無実の罪で終身刑を言い渡され、周囲を海に囲まれた孤島に送り込まれたパピヨン。自由を求め何度も脱獄を試みる彼は、志を同じくする紙幣偽造の天才ドガと出会い、奇妙な友情で結ばれてゆく。出演は「キング・アーサー」のチャーリー・ハナム、「ボヘミアン・ラプソディ」のラミ・マレック、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」のトミー・フラナガン、「ブリッジ・オブ・スパイ」のイヴ・ヒューソン。監督は、第31回東京国際映画祭コンペティション部門出品の『氷の季節』で審査委員特別賞と最優秀男優賞を受賞したデンマークの新鋭マイケル・ノアー。本作は、アンリ・シャリエールの壮絶な実体験を基にした自伝小説と、ダルトン・トランボによるオリジナル脚本の両方をベースに「プリズナーズ」のアーロン・グジコウスキが脚本を執筆、73年版にはなかったパリでのエピソードも追加されている。
余貴美子(1956)

痛くない死に方

在宅医療のスペシャリスト・長尾和宏のベストセラーを「赤い玉、」の高橋伴明が映画化した人間ドラマ。痛くない在宅医を選択したはずの末期がん患者が苦しみ続ける最期を迎えてしまい、在宅医の河田は先輩の長野からカルテではなく本人を見るよう指摘される。壁にぶつかりながら医師として成長する河田仁を「火口のふたり」の柄本佑が、先輩医師の長野浩平を「赤い玉、」の奥田瑛二が演じる。原作者の長尾和宏が医療監修を務めている。劇場公開に先駆け、第45回湯布院映画祭の秋の陣にて特別試写作品として上映。

泣く子はいねぇが

是枝裕和率いる映像制作者集団“分福”の新人・佐藤快磨のオリジナル脚本による長編デビュー作。秋田県男鹿市にある寂れた港町。娘が生まれたものの、いつまでも父親の自覚を持つことができないたすくは、ついに妻のことねから愛想を尽かされてしまい……。出演は「タロウのバカ」の仲野太賀、「見えない目撃者」の吉岡里帆。

「トプカピ」を観ているあなたにおすすめの映画