暗黒街の野獣

あんこくがいのやじゅう
上映日
1962年5月1日

製作国
アメリカ

ジャンル
アクション

ここが見どころ

原作者ウォーレス・ウェアがポール・モナシュと共同で脚色したものを、ボリス・シーガルが監督したアクションドラマ。撮影は「独立騎兵隊」のウィリアム・W・スペンサー、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。出演は新人のマーク・リッチマン、キャロル・ロッセン、フィリップ・オーバーなど。製作はチャールズ・ラッセル。

「暗黒街の野獣」のストーリー

全米に手をのばす不法賭博組織の本部に、その日1日の売上金を積んだ車が到着した。その時、不意に3人組に襲われ、1人が殺される。警官の出動により3人組の1人だけがつかまった。この男ジョーは組織の一員で、兄弟のフィル(フィリップ・パイン)やアルと一緒に縄張りを持っていたが、本部を預かるヴィンセント(マーティン・ゲーベル)が縄張りを荒らそうとするので、彼に一泡ふかせようとしたのだ。組織にはケイン(マーク・リッチマン)という若い弁護士がいたが、彼は悪徳弁護士業からそろそろ足を洗おうと考えていた。事件の翌朝、ケインが出勤するとフィル兄弟が待ちかまえ、兄を釈放するよう頼み込む。だが、ケインは断った。その夜、本部での祝賀会の席上で、ケインは自分の決意を幹部連に打ち明ける。困ったヴィンセントは、さっそく全国の大ボスを集めて策を練り、縄張りと引き替えにフィル兄弟にケインを始末させようと決める。兄弟は殺し屋を雇うが、その殺し屋は間違えてケインの恋人、ステラ(キャロル・ロッセン)を射殺する。ケインは恋人の死に復讐を誓う。ヴィンセントは彼に、フィル兄弟が仕返しをしたのだと吹き込むが、ケインには信じられない。やがて、ケインはフィルからすべてがヴィンセントの企みであることを聞くが、兄弟が殺されたため、証拠の挙げようがない。復讐のためにはこうする以外にないと決意したケインは、組織の首脳会議に押しかけ、幹部陣の目の前でヴィンセントの旧悪をことごとく暴く。仲間の制裁を受けて、ヴィンセントは死んだ。ステラのために復讐を果たしたケインは、連邦警察と手を握り、組織の摘発に協力しようと決心するのだった。

「暗黒街の野獣」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「暗黒街の野獣」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1962
公開年月日 1962年5月1日
製作会社 MGM映画
配給 MGM映画
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「暗黒街の野獣」のみんなのレビュー

「暗黒街の野獣」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/27

ジャリール・ホワイト(1976)

キャメロット(1998)

英国で語り継がれてきた『アーサー王伝説』を、ひとりの少女を主人公に再現したドラマティック・アニメーション。ベラ・チャップマン著『The King's Damosel』をもとに、ワーナー・ブラザース・フィーチャー・アニメーションが製作する初の劇場用長編アニメ映画。原案はTVでも活躍するデイヴィッド・サイドラーとジャクリーン・フェザー。製作は「顔のない天使」のダリサ・クーパー・コーエン。音楽は「ハムレット」のパトリック・ドイルで、過去にグラミー賞を14回獲得しているデイヴィッド・フォスターが楽曲を提供。声の出演は「ジャックナイフ」のジェサリン・ギルシグ、「ツイスター」のケーリー・エルウェス、「フィフス・エレメント」のゲイリー・オールドマン、「トゥモロー・ネバー・ダイ」のピアース・ブロスナンほか。また、ケーリーの歌唱部分は「ザ・コミットメンツ」「エビータ」に出演したアンドレア・コーが、ギャレットの歌唱部分は数多くのプラチナ・ディスクを持つカントリー・ミュージックの大スター、ブライアン・ホワイトが担当した。
キャスリン・ビグロー(1951)

デトロイト

「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグローが、1967年暴動発生時のデトロイトで実際に起きた事件を映画化。暴動発生から2日目の夜、銃声の通報があったモーテルに警察が乗り込む。何人かの警官が捜査手順を無視し、宿泊客に不当な尋問を始める。出演は、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のジョン・ボイエガ、「レヴェナント 蘇えりし者」のウィル・ポールター、「トランスフォーマー ロストエイジ」のジャック・レイナー、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のアンソニー・マッキー。

カルテル・ランド

「ハート・ロッカー」の監督キャスリン・ビグローが製作総指揮を執ったドキュメンタリー。麻薬カルテルが蔓延るメキシコで、一人の外科医が市民による自警団を結成する。彼らはギャングたちを追い詰めていくが、やがて組織は思わぬ方向へ暴走する。2015年サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門最優秀撮影賞・最優秀監督賞W受賞。第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート。

NEW今日命日の映画人 11/27

該当する人物がいません