デキシー・ダンスキングス

できしーだんすきんぐす
上映日
1978年1月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

カントリー&ウェスタン音楽を背景に、陽気な泥棒と歌手たちの騒動をコミカルに描く。製作指揮はスティーヴ・シェイガン、製作はスタンリー・S・カンター、監督は「ロッキー」のジョン・G・アヴィルドセン、脚本はトーマス・リックマン、撮影はジム・クレーブ、音楽はデーヴ・グルーシン、スタント指揮はハル・ニーダムが各々担当。出演はバート・レイノルズ、アート・カーニー、コニー・ヴァン・ダイク、ジェリー・リード、ネッド・ビーティ、リチャード・D・ハーストなど。

「デキシー・ダンスキングス」のストーリー

1950年代なかばの南部。SOS石油の給油所に金ぴかのオールズモビルを乗りつけたW・W(バート・レイノルズ)は、給油係を脅して売上金をまきあげ、その一部を係に与えて「警察には強盗に全部やられたと言え」と捨て台詞を残して去ってゆく。係も心得ていて、でたらめな犯人の人相、車種を警察に告げるので捜査はなかなか進まない。ある晩、パトカーに追われてW・Wは体育館に逃げ込む。そこでは「デキシーとダンスキングス」の演奏でダンス・コンテストがおこなわれていた。とっさに司会者になりすましたW・Wは、デキシー(コニー・ヴァン・ダイク)にアリバイ工作をしてもらう。彼は「自分は音楽プロモーターだ」とでまかせを言って、彼らをナッシュヴィルに連れて行き、売り込みにかかるが失敗。懐がさびしくなった彼らは、W・Wの強盗をしようという案をはじめ拒否したが、一致協力してやることを決意して実行にうつす。彼らが襲うのはSOS石油にかぎられており、頭にきた社長は元警官のゴア助祭(アート・カーニー)に調査を依頼する。この助祭、安息日に働くことは信仰にもとるという理由で警察をやめたという一風変った人物。ゴアの執拗な追跡に彼らはアラバマの田舎にかくれ、大事なオールズモビルもポンコツにして姿をくらます。W・Wは再び彼らをナッシュヴィルに連れて行き、人気歌手カントリ・ブル(ネッド・ビーティ)にC&Wの殿堂オープリー・ランドで「デキシーとダンスキングス」に歌わせるように頼みこんで成功する。しかし、彼は後を追ってきたゴアに逮捕されてしまう。2人を乗せた自動車が警察署の前についた時、真夜中の時報が告げられるとゴアは「安息日になった。安息日は休業だ」と言ってW・Wを逃がすのだった。

「デキシー・ダンスキングス」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「デキシー・ダンスキングス」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1974
公開年月日 1978年1月10日
製作会社 スタンリー・カンター・プロ作品
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「デキシー・ダンスキングス」のみんなのレビュー

「デキシー・ダンスキングス」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/19

ローレン・リー・スミス(1980)

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所

ゲイル・フォアマン原作のベストセラー小説『ミアの選択』を映画化。死の淵にいる主人公の生死をめぐる選択を、珠玉の名曲と共に描く感動作。監督は、「ファッションが教えてくれること」のR・J・カトラー。出演は、「キック・アス」シリーズのクロエ・グレースモレッツ、「スノーホワイト」のジェイミー・ブラックリー。

ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀

1937年に起きたドイツ飛行船ヒンデンブルグ号爆発炎上事故をモチーフに製作された歴史ミステリー。爆弾が仕掛けられたとされる飛行船に乗り込んだ人々の運命と、事故の裏に潜む政治的陰謀を描く。出演は「寂しい時は抱きしめて」のローレン・リー・スミス、「そして、デブノーの森へ」のグレタ・スカッキ、「アメリカン・ヒストリーX」のステイシー・キーチ、「ドレスデン、運命の日」のハイナー・ラウターバッハ。
ゾーイ・サルダナ(1978)

ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」のスタジオライカによるストップモーションアニメ。ヴィクトリア朝時代のロンドン。孤独な探検家・ライオネル卿は、伝説の生物を探し求めてアメリカ北西部へと旅立つ。そこで発見したのは、人間の言葉を話す生きた化石だった。声の出演は「グレイテスト・ショーマン」のヒュー・ジャックマン、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのゾーイ・サルダナ。監督は「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」の脚本を手がけたクリス・バトラー。第77回(2019年)ゴールデン・グローブ賞でアニメーション映画賞を受賞。

バーバラと心の巨人

「ハリー・ポッター」のクリス・コロンバスが製作を務め、グラフィックノベル『I KILL GIANTS』を実写映画化。風変わりな少女バーバラは、“巨人”から町を守ろうと腐心している。家でも学校でも孤立する彼女に、転校生のソフィアが声を掛ける。出演は、「死霊館 エンフィールド事件」のマディソン・ウルフ、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのゾーイ・サルダナ、「グリーンルーム」のイモージェン・プーツ。監督は、「HELIUM」で第86回アカデミー賞短編賞を受賞したアンダース・ウォルター。

NEW今日命日の映画人 6/19

該当する人物がいません