暗黒街の特使

あんこくがいのとくし
上映日
1970年12月5日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

禁酒法時代、密造ウィスキーをめぐって展開されるギャング映画。製作はマーティン・ランソホフ、監督は「ホテル」のリチャード・クワイン。エルモア・レナードの同名小説を作者自身が脚色。撮影は「キャメロット」のリチャード・H・クライン、音楽は「おかしな二人」のニール・ヘフティ、美術はジョージ・W・デイヴィスとエドワード・C・カーファグノ、衣装はジェームズ・テイラーとエルバ・マーティーン、編集はアラン・ジェイコブスがそれぞれ担当。出演は「北極の基地・潜航大作戦」のパトリック・マクグーハン、「ガンファイターの最後」のリチャード・ウィドマーク、アラン・アルダ、歌手のリー・ヘイズルウッドとジョー・ウィリアムズ、「華麗なる週末」のウィル・ギア、「マンハッタン無宿」のメロディ・ジョンソン、新人のスーザン・ゼナー、リチャード・ピーボディなど。メトロカラー・パナビジョン。1970年作品。

「暗黒街の特使」のストーリー

徴税人のフランク(パトリック・マクグーハン)は、大統領が禁酒法をやめると約束した今、サン(アラン・アルダ)の密造ウィスキーの分け前にあずかろうと、ケンタッキーの山地へやって来た。愛人リザン(メロディ・ジョンソン)のホテルから電話で、歯医者で酒密造人のトールビー(リチャード・ウィドマーク)、トールビーの愛人ミリー(スーザン・ゼナー)、ガンマンのデュアル(リー・ヘイズルウッド)を呼びよせ、サンを訪問。彼の雇人のアーロン(ジョー・ウィリアムズ)らに酒の隠し場所を聞き出そうとしたが、サンにショット・ガンで追いかえされてしまう。そこでトールビーは土地の男キャスウェル(リチャード・ピーボディ)を抱き込み、その上、ギャングの一団を呼びよせ密造所を次々と襲う。その後、トールビーは口をふさぐため、キャスウェルとその場にいた保安官たちを殺す。いまや殺人まで犯したトールビー一派からフランクは手を引き、リザンの懇願で、サンの応援をすることになった。その彼に、退屈していたミリーも同行。ギャング一味はサンの家を取り巻いていたが、フランクとミリーは危うく家に駆け込み、サンやアーロンと合流することが出来た。やがてトールビーが集落の住人を人質にしたので、フランクもミリーを人質に仕立てたところ、デュアルは情容赦なく彼女を射殺。ここに至って、サンはフランクに納屋の地下にあるウィスキーの分配を約束し、トールビーに、ウィスキーは墓地に埋めてあると告げる。彼らはさっそく墓地を掘り起こし、ウィスキー樽の見える大きな穴の中に入っていこうとした。その時、サンの合図でフランクが電気のスイッチを引っ張ると、墓地は大爆発を起こし、トールビーをはじめギャング一味はことごとく吹き飛んだ。(MGM配給*1時間40分)

「暗黒街の特使」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「暗黒街の特使」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1970
公開年月日 1970年12月5日
製作会社 フィルム・ウェイ作品
配給 MGM
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「暗黒街の特使」のみんなのレビュー

「暗黒街の特使」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。